CATEGORY:マルイ M45A1 GBB

2018年03月08日

マルイ ガスブロハンドガン用ロングマガジン&ホルスター

マルイM45A1用にと、アマゾンでロングマガジン購入。ブラックとシルバーの2種類。
ついでにグロック用50連マガジンも。
マルイのグロック用ロングマガジンは、以前StarkArmsのを使ってたが、ある日ガス漏れ起こし、どうやっても直らなかったので、長い事ノーマルマガジンのみ使ってた。G18Cのフルオート時、ノーマルマガジンではあまりにも物足りなさを感じてたので、ロングマガジン買おうと思ってても中々踏ん切り付かず。
今回、M45A1用に同社M1911シリーズ共通のロングマガジン注文したので、ついでにグロック用も注文した次第。



 
グロック用はさすがに重く、長物GBBマガジン並みの重さ。



 
ガバ系のシングルカアラムマガジンは薄い分軽く、ノーマルマガジンと比べて60g程度しか重く無い。
シルバーも、表面メッキしただけなので重さ変わらず。



M45A1+ロングマガジンの重さは、896g。これでやっとWA並の重さに(最近のはもっと重い。これは一昔前のWAの重さ)




 
グロックにロングマガジンだと、かなり上下長くなる。マガジンの全長は、グロックの前後長より長いので。




 
グロックの50連に対してガバ用は40連。それもあって、あまり下に長く無い。実際に取り回しても、あまり長さが気にならない。
まあ、その内出るであろうV10のようなコンパクト系ガバなら、もっと目立つかも知れないが。



シルバーマガジンは、シルバーのチャンバーと合うかと思い、購入。
やはり、シルバーの方が高級感ある。表面処理も、ステンレスっぽくて見た目が良い。

ロングマガジンの方が容量大きい分、ブローバックが安定してる。特にG18Cの場合、フルオートの安定性がアップする。
M45A1の方は、挿してる分にはあまり気にならないが、通常のマガジンポーチに挿すと蓋が閉まらない。屋外サバゲーで使う場合は、紛失に注意しないと。




 
地元のK模型店(約25km先)でたまたま見かけて購入した、GIGAフィットホルスター




かなりの種類に対応してる。
マルイのウォーリアのようなアンダーレイル付きでも大丈夫なら、M45A1でも大丈夫じゃないかと思い、購入決定。



 
開封直後だとちょっときつめだったので、アジャスター緩めて挿入。ロックはトリガーガードで行う方式。
矢印のレバー押してロックを解除しながら引き抜く。
若干きつめなので、素早い抜き差しは難しいかも。



 
表面はカイデックスっぽいが、内側はフロッキー加工されてて、塗装されたスライドでも傷が付きにくい。
ただ、M45A1だとアジャスター最大に緩めてもきつく、何度も抜き差ししてると内部の加工部分が擦れて粉が付着する。
まあ、しっかり嵌ってるので、サバゲー等で走り回っても、落とす心配無さそう。



 
サムセフティONでも、問題無く挿せる。



 
グロックはM45A1に比べてスライド上下幅が小さいので、アジャスター締め込む。
これでも若干のガタつきあるが、トリガーガードでしっかりロックされてるので、勝手に落ちる心配はない。




 
ウチのStarkArms(VFC)のG19はマガジンキャッチを大型化してるが、ホルスターに引っ掛からない。ぴったり、収まる形状になってる。



グロックだと上下に余裕ある分、素早く抜き差しが出来る。練習次第では、スチールチャレンジのような早撃ち競技にも使えるかも?
グロック専用ホルスターという訳では無いので、内部は結構余裕ある。マルイの電動グロックでも問題無く挿せそう。




アマゾンに同じホルスターあったので貼り付け。
安い方は内側にフロッキー加工されてないので、傷付くのがイヤだという方は高い方注文した方が良いかも。










同じカテゴリー(マルイ M45A1 GBB)の記事画像
マルイ M45A1 フォトコンテストとハンマーメカ分解
マルイ M45A1 CQBピストル ガスブローバック 続き
マルイ M45A1 CQBピストル ガスブローバック
同じカテゴリー(マルイ M45A1 GBB)の記事
 マルイ M45A1 フォトコンテストとハンマーメカ分解 (2018-02-27 18:08)
 マルイ M45A1 CQBピストル ガスブローバック 続き (2018-02-26 07:59)
 マルイ M45A1 CQBピストル ガスブローバック (2018-02-25 19:15)

Posted by Timm_MK2  at 19:24 │Comments(0)マルイ M45A1 GBB

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。