CATEGORY:CA M249 MINIMI Mk1

2017年12月06日

Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG 小加工

 
フィールドカバー開けた時に追従するフィールドランプを止める加工行いました。
コッキングハンドルに小さな穴開けて、鋼線くっ付けて、フィールドランプ削って鋼線で抑える形に。
コッキングハンドルのスプリングガイド通る部分はハンドル部とは別パーツで、穴開ける場合はネジ2本外す必要ある。そのネジも緩めで、しかも皿ネジなのにネジ通る穴しか開いてなかったので、皿ネジの頭分、擂鉢状に削っておいた(頭が低くなる)
鋼線の穴、最初は1mm径で開けたが、1mm径の鋼線が手元に無い。1mm径ではアルミパイプかプラ棒のみ。最初、プラ棒接着してたが、組んで動かしたらあっさり折れた。0.6mmの鋼線ならあるので、残ったプラ棒部分に穴開け直して接着。
フィールドランプはスチールプレス板なので、ミニルーターのダイヤモンドカッターで削る。
細くてもさすが鋼線、きちんと押さえてる。



フィールドランプ上げる場合は、ちょっとコッキングハンドル引いて掛かりをずらすだけ。



実は、コッキングハンドル外す為にバレルが挿し込まれるブロックの固定ネジ外したのだが、同時に、メカボのコード固定する為にメカボ固定ネジも外してしてる。画像の矢印で示したネジ。これらのネジはサイズが同じで長さが違う。
メカボのコードはマスキングテープで固定し(ビニールテープだとベタつく)、本体に組み込む。それぞれのネジ締め込んで、バレルを外そうとしたが、またしても外れない。無理やり抉りながらなんとか外した。



バレル根元横に、くっきりとネジ押し込まれた跡が残ってる。
コッキングハンドル外す際に当たるネジは、短いのを使わないと



内側にはみ出してしまう。で、バレルが抜けて来ないと。
ようするに、間違ったネジ組んで締め付けてしまった為、抜けなくなったと・・・。



バレル挿し込むブロックの固定用ネジは、左右で2本。箱出し直後でバレルが抜けて来ない場合は、この左右のネジ緩めてみるのも一考かと。万一、長めのネジが取り付けられてる可能性もありうるので。

前記事で最初にメカボ取り出そうとした時に、コッキングハンドル前のブロック固定ネジを外したが、なんとなく長かった気もする・・・。が、写真撮って無いのであやふや。最初からこのネジ緩めてれば、もしかしたらキャリングハンドル折れて無かったかも知れない・・・。
まあ、CAのミニミ買った人で、新品箱出し直後にバレル全く外れなかったら、確認してみて下さい。


ちなみに、外に向かってノーマルマグ1本分撃ってみたが、右に若干カーブするのみで、終始安定した同じ弾道描いてました。ホップパッキン押す部分はアレだけど、チャンバーパッキン替えるだけでもかなり弾道改善されます。






同じカテゴリー(CA M249 MINIMI Mk1)の記事画像
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ調整
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ分解
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボックス取り出し
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG キャリハン修理
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG
同じカテゴリー(CA M249 MINIMI Mk1)の記事
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ調整 (2017-12-03 08:08)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ分解 (2017-11-19 08:49)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボックス取り出し (2017-11-18 18:43)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG キャリハン修理 (2017-11-17 06:42)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG (2017-11-16 12:21)

Posted by Timm_MK2  at 18:08 │Comments(0)CA M249 MINIMI Mk1

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。