CATEGORY:KSC Vz61 GBB

2017年12月02日

KSC Vz61 コンシールド(HW) 木製グリップ&実射

 
1挺目のVz61用にサプレッサー購入した時に一緒に購入しておいた、SPEAR ARMSのKSC Vz61用木製グリップ。
そして、Hephaestusのリコイルアップキット。
この二つは2挺目に組み付ける為に購入して、ずっと保管してた物。やっと日の目を見る事が出来る(ずっと箪笥の肥やしになってた)
リコイルアップキットは後で組み、まずはノーマル状態で、リコイルアップキット組んだ1挺目との比較を行いたい。



グリップ替えても作動には影響しないので、さっさと替えてしまおう。
と、グリップ底部のグリップナットを回したら、なぜかチューブ毎抜けてきた。



チューブとフレームでトリガーガードを挟んで固定してる。
ネジはHW樹脂フレームに直接切られてて、頻繁に着脱すると固定がガバガバになりそう・・・。



グリップナットとチューブはかなり固く固定されてて、なんとか外すとスプリングワッシャーがチューブに噛み込んだ跡が・・・。アルミのチューブなので、鉄のワッシャーに負けたようだ。チューブを鉄で作れば重量アップにもなるけど、国内事情じゃあ、無理か・・・(国内トイガンには材質の硬度に対して制限が掛かってる。つまり、大きな体積占めるパーツには鉄は使えない。KSCのAKのフレームがGHKと同じに出来ないのはそういう理由)



SPEAR ARMSのグリップはKSCに合わせて加工されてるので、ダボや穴の大きさもほぼ同じ。



グリップナットが入る穴の径や、全体の高さも同じ。ただ、幅は広くなってる。
木でここまで薄く削ると割れるのと、実銃グリップの太さに合わせたからかも?まあ、木の材質も安っぽいし。



チューブ組んで、とりあえず仮組みしてみた。上が2挺目の方。
こうして見ると、実銃用グリップ(下)とは、かなり色合いが違う。



グリップナット組もうとしたら、入らない。
どうやら、穴のサイズは純正と同じで、塗料が固まった所為で被膜の厚さ分、入らなくなったらしい。



内側の塗装膜を粗めのペーパーやすりで削ぎ落とすと、すんなり入った。



長さは純正と同じなので、最後まで締め付けるとぴったり面一になる(下)



グリップ後ろの形状も、フレームに沿ったサイズになってる(手前側)



太さが似通ってるので、握り心地は似た感触だが、トリガー後ろの人差し指が通る部分は、SPEAR ARMSの方が角ばってる。実銃用はここの角が大分丸くなってるので、その感触だけは実銃用グリップの方が良い。
長さは実銃用グリップの方が僅かに短いが、私の手のサイズだとはみ出す事も無いので、その辺は気にならない。



2挺目は開封して間もない事もあり、各部が渋い。ストック展開も、ここで一旦止まる。



ここが引っ掛かってるので、根元を少し内側に押せば軽く動くが・・・。1挺目は何度も動かしてる内に角が丸くなり、引っ掛からずに展開するようになってる。



HW樹脂のグリップと比較してリアルウッドのグリップは軽い。更に、1挺目と違って錘を一切加えなかったので、グリップの重量差がそのまま現れてる(約120g減量)。まあ、重心がフロント寄りになったと言うか。



ショートマガジン込みでこの重さ。携帯する場合は軽ければ軽い方が楽なので、この銃のコンセプトとしてはこっちの方が合ってるかも?(なら、メーカーで木目塗装されたABS樹脂グリップにしてくれれば・・・。それならノーマルと比べての価格上昇も納得出来るはず?まあ、どっちにしろ、手持ちの木製グリップに替えてたけど)



1挺目は、同じ木製グリップでも内部に錘を限界まで詰めてるので、ノーマルと変わらない。



まだ弾込めずに空撃ちした程度(ホールドオープンするので、1発ずつ)なので、内部の作動は渋い。ほとんど磨れておらず、アタリが出て無い感じ。一応、スプリングガイドや、ボルトとアッパーレシーバーが擦れる部分にはセラミックグリス塗って置いた。



(クリック拡大)
2挺目買った時に40連マガジンもついでに買ったので、前のと合わせて2つ揃った。2挺同時に40連で撃てる。
・・・まあ、2挺目はまだ慣らしが済んでないので、フルオートサイクル比較も兼ねて、前に買った40連マガジンのみで行う。室内の気温が一桁なので(朝晩は凍る一歩手前の部屋)、ストーブの熱風で温めて、人肌よりちょっと高いかなって程度まで温める。SⅡS 0.2gBB弾使ってのフルオートサイクルは



マガジンに40発詰めて、最初は2挺目のコンシールドのフルオートサイクル測り(左上)、半分くらい残して止める。次に1挺目のリコイルアップキット組んだ方を測る(右上)
ガスは結構多めに入れたが、生ガスは吹かなかった。まあ、20発くらいで止めたし。次に撃つ前に少し熱風で温めた。フルオートサイクルはそこまで差が出て無い。2挺目、まだ作動が固いからかな?マガジン温めたおかげで、初速は高いんだけど。
ガス追加せずに、マガジンに20発ほど入れて温め直し。コンシールドの方を改めて測定したら、1回目よりもサイクルアップしてた。段々本調子に近づいてきたのかも?



10連マガジンに10発BB弾込めて(これ以上入らない)、熱風で温める。ちょっと熱いかなって温度まで上がったので、不安抱えつつ、そのままフルオートで撃つ。結果は、ご覧の通り。初速はほとんど同じだが、フルオートサイクルが少しアップした。
ある程度慣らしが終わり、真夏に撃つとこんな感じか?



純正グリップのサイズを元にしてるので、一体感はこちらのグリップの方が上。トイガンとしては完成度が高い。
ただ、実銃用グリップという付加価値を考慮すると、先の方が上かも知れない。

リコイルアップキット組むのは以前記事にしてるので、今回は割愛。雪が消えて、外で撃てるくらいの陽気になったら、スコーピオン2挺撃ちをしたいと思ってます。






同じカテゴリー(KSC Vz61 GBB)の記事画像
KSC Vz61 コンシールド(HW) リコイルアップキット組み付け
KSC Vz61 コンシールド(HW)
KSC Vz61スコーピオン ボルト重量アップ
KSC Vz61 GBB アクセサリー他
KSC Vz61スコーピオン GBB ブルーイング
KSC Vz61スコーピオン GBB 木製グリップ装着
同じカテゴリー(KSC Vz61 GBB)の記事
 KSC Vz61 コンシールド(HW) リコイルアップキット組み付け (2017-12-06 19:10)
 KSC Vz61 コンシールド(HW) (2017-12-01 12:09)
 KSC Vz61スコーピオン ボルト重量アップ (2015-05-05 20:05)
 KSC Vz61 GBB アクセサリー他 (2015-02-13 21:14)
 KSC Vz61スコーピオン GBB ブルーイング (2015-02-11 18:00)
 KSC Vz61スコーピオン GBB 木製グリップ装着 (2014-12-05 19:22)

Posted by Timm_MK2  at 07:37 │Comments(6)KSC Vz61 GBB

COMMENT
こんにちは~(^^)/

再開されていたのですね!
新たなテッポウも購入されてうらやましい限りっす(^^;)
最近は貧乏で(貧乏はいつもの事)何も買えてない・・・
てゆ~か最近カミさんのジムニーを弄ってるのでそちらにお金が飛んで行ってる・・・

吸気系パーツ交換・HIDキット組んで(ついさっき組んだ)
車弄りもやっぱりお金が掛かりますね(>_<)

車と言えば先月下旬、雪が結構降った日に息子が会社に出社→3分後電話が→事故ったと・・・
左側タイヤが2本ともスッポリと側溝へin
更に運悪くコンクリの塀にピッタリと接触(この時点で左ドアミラーご臨終)
JAF呼んで引き上げ・・・ん?その割傷がないぞと喜んでいたのですがディーラーで損傷確認したらやっぱり下回りが逝ってた(/_;)

35マン位掛かりますと保険屋から電話、お金が無いので保険適用
まあ自爆だったので不幸中の幸いと思ってます。
自分も気を付けなきゃです(;^ω^)
Posted by nozopon at 2017年12月02日 12:18
nozoponさん、こんにちは。
仕事が一段落したのと臨時収入があったので、購入しました。まあ、電動用に必要なのもあったので、それも絡めて。

車弄りも結構な金食い虫ですよね。私は今のAZ-1を維持できればそれで良いやって思えるようになりました。まあ、昔ほど、カスタムパーツが豊富じゃ無いですし。
趣味が増えると、どれかを諦めなきゃいけなくなるので、今は銃趣味に比重置いてる感じです。次に自転車・・・。

しかし、事故で35万ですか・・・。CAWのM134ミニガン買えますね(←その例えはどうなんだろう・・・)。
まあ、でも人身事故や他損事故じゃ無いだけマシですね。他人が絡むと一気に面倒になりますから。警察にも届けないといけないし。
息子さんも、怪我が無かったようで、不幸中の幸いでしたね。冬場の高速だと、自損事故でも自身が怪我する事多いので、もし高速乗る事あったらご注意下さい。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年12月02日 12:52
こんにちは。
おッ!新製品登場ですね、羨ましいです。
2丁撃ちが楽しみですね!
その時は、是非とも動画でお願いします!
Posted by 松本市在住 at 2017年12月02日 16:21
松本市在住さん、こんばんは。

新製品と言っても以前発売された物のマガジン短いバージョンなので、目新しさが無いですが。
でもKSCのVz61は出来が良いので、2挺揃って嬉しいです。
外で撃つ場合、かなり温かくならないと無理なので、早くても5月の連休あたりですね・・・。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年12月02日 17:57
こんばんは。

KSCのM11A1 S7 HWを持っていますが、スコーピオンは結構いい値段するので躊躇してました。
しかし、こういった記事を見ると欲しくなる病が・・・
KSC製品買う度にアンケートでスチェッキンとハイパワーをリクエストしてますが、もう半分諦め気味です。
Cz75が製品化された時大喜びしたのが懐かしい・・・
Posted by ukkarimangoukkarimango at 2017年12月05日 20:23
ukkarimangoさん、こんばんは。

KSCのM11は旧バージョンのみですね。システム7のHW版も欲しいとは思ってますが、ヤフオクにもあまり出ないし、出たらやはり高いしで、なかなか入手出来ないでいます。
同社スコーピオンは確かに高いですが、それだけの価値ある造り込みですので、個人的には満足してます。

マカロフまで一気に来たので、次はスチェッキンかと期待してたんですが、音沙汰無くなりましたよね・・・。水面下でこっそり開発してて、サプライズ発表とかしてくれても良いんですが。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年12月05日 21:57
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。