CATEGORY:GHK RPK GBB

2017年08月30日

GHK RPK GBB スチールハンマー組み込み

前回のAKM同様、ハンマーをスチール製に交換する。ハンマーはAKMに使用したのと同じ物。
まずは、レシーバー内のハンマー左側にあるEリング外す。
以前、ファイアリングピン交換した時にも外してるしAKMでも終えた後なので、手慣れてきた。



スチールハンマー組み込み後、ファイアリングピンスプリングをトリガー前方にあるシアに組み付ける。
場所柄、指が入り難いので、精密ドライバーの中でも特に細いマイナスドライバーでネジ穴まで引っ張り出し、片手でスプリング押さえながらもう片方の手でネジ回していく。



スチールハンマーは、今回入念に研磨。AKMの時は時間無かったもので・・・。
ボルト底面と接する部分は特別入念に磨き上げ、ブルー液で染め上げて表面にオイル塗りつける。



内部パーツ図。
ここまでパーツ交換したのは、12-5、12-1-3、12-6の3点。
12-6は以前ProWinのアルミ削り出しのに交換。12-5は今回スチール製のに交換。12-1-3は以前ヘパイストスのスチール削り出しのに交換。
12-1-2が実質シアな訳だが、ハンマーの頭の広い部分、下側押さえるので、あまり強い負荷は掛かって無い。トリガーも軽いし。
それでも、出来ればスチールパーツに換えたい所。12-1-1のトリガー、RPKは最初からスチールパーツが組まれてる(キャスティング)。トリガーだけじゃなく、トリガーに付随するパーツ(12-1-2、12-1-3)もスチール製のを純正で組んでて欲しかったですね。
まあ、ファイアリングピンだけは、亜鉛のままだと折れやすいようなので、スチール製のに交換する事をお勧めします(以前も言ってたような・・・?)



チャンバーパッキン、AKMと同じ。魔ホップパッキンは使えそうにないか・・・。




安心して撃てるようになったRPK。AKMとRPKが主に撃ちまくってる銃なので。
HTS-14とAK74は、あまり撃たずに観賞用途が多いので今回はパス。まあ、その内スチールパーツに換えたいとは思ってますが。



フルオートサイクル測定。
このRPKはボルト前方のピストンロッドがスチール製(AKMはアルミ)でボルト全体重量が重く、リコイルスプリングもそれに比例して強めになってる。AKMより引きが重め。
それでも、意外と発射サイクルは早かった。733.5発/分。



ちなみにAKMは701.2発/分。AKMの方がボルトもリコイルスプリングも軽いのに・・・。
それでも実銃の600発/分よりはかなり早め。まあ、実銃はレートリデューサーで発射サイクル下げてるみたいだし。






同じカテゴリー(GHK RPK GBB)の記事画像
GHK RPK GBB パーツ交換 続き
GHK RPK GBB パーツ交換
GHK RPK GBB その7
GHK RPK GBB その6
GHK RPK GBB その5
GHK RPK GBB その4
同じカテゴリー(GHK RPK GBB)の記事
 GHK RPK GBB パーツ交換 続き (2015-12-03 20:53)
 GHK RPK GBB パーツ交換 (2015-12-01 21:28)
 GHK RPK GBB その7 (2015-11-28 20:44)
 GHK RPK GBB その6 (2015-11-27 22:36)
 GHK RPK GBB その5 (2015-11-26 20:49)
 GHK RPK GBB その4 (2015-11-24 19:07)

Posted by Timm_MK2  at 18:10 │GHK RPK GBB