CATEGORY:GHK AKM GBB

2017年08月27日

GHK AKM GBB スチールパーツ組み込み

W&S GHK/AKシリーズ スティールハンマー
材質は鉄だが製法はキャスティングらしく、表面がザラザラ。右は袋から取り出し直後。
亜鉛パーツと接する部分を磨いておかないと、作動する度にヤスリがけしてるような感じになるので、左のようにペーパーで滑らかにしてブルーイング。このハンマーと接する亜鉛パーツは、フルオートシア、ボルトキャリアー、トリガーに組まれたシア、マガジンエンプティ時に作動するハンマーストップ。
セミオートシアはスチール製のに換装予定で、ファイアリングピンはスチール製のに換装済み。
ボルトキャリアーと接する部分は特に強く擦れるので、入念に磨いておいた(でも、時間の都合で磨き足りない)



ボルトアッセンブリ取り外した後、インナーバレルも取り外し。
チャンバーを後ろに引き出した後、インナーから外し、インナーバレルは前方に抜き取る。



A+ Airsoft GHK GBB用<魔>ホップアップラバー 60°
合わなかった・・・。左の純正と比較すると分かるが、ホップの出っ張りが手前ぎりぎりまで来てる。
魔ホップをインナーバレルに組むと、後端が盛り上がる。このホップ用の出っ張りがインナー後端に干渉してる所為。
GHK GBB用って謳ってるのに・・・。AKには合わないのか?同社AKシリーズの2017バージョンにはこのホップに合ったインナーバレルが組まれてるのか、それともG5用なのか・・・。AUGはAKと同じなので、合わないはず(分解して確認してないけど)
インナーの後端上側カットして、ホップ用の切り欠き拡張すれば組めない事も無いが、諦めて純正そのまま組み込み。



さて、ハンマー交換の為に内側のEリング取り外し。ハンマーピン抜くと、ハンマーとファイアリングピンが取り出せる。
ファイアリングピンとトリガーの前側シアパーツを繋いでるスプリングは、予め外しておく。



スチールハンマーに同梱されてたスプリング状のスペーサーとEリング、使い道が無い。
第一、ハンマーピンが通らないし・・・。ハンマーの基部の幅は純正と同じ。なので、そのまま組み込む。



トリガーも、ハンマー同様にEリング外してトリガーピン抜き、取り出す。
トリガー上側後方に組まれてるセミオートシアを、
SPEAR ARMS GHK AKシリーズ/スティールセミオートシア
に交換する。
トリガー上前方のシアパーツは現在スチールパーツが無い。まあ、M16/M4系のようにシアに大きな負荷が掛かるならともかく、AKのトリガーXハンマーは負荷が少ない構造なので、そんなに減る事も無いか。



スチールパーツ組み上げ。



内部のスチールパーツは、
ハンマー
セミオートシア
ファイアリングピン(ヘパイストス製)
フルオートシアは亜鉛のままだが、セミオートで撃つ分にはほとんど負荷が掛からない。
フルオートだと、それなりに負荷掛かる。
ハンマーストップは最終弾時のみ負荷掛かるし、空撃ちする場合は全く負荷掛からない。



試射は問題無く作動。というか気温高めな事もあって、絶好調!
ハンマーは結構衝撃受けるパーツなので、スチール製にした事で一安心。
暫くは安心して撃ちまくれます。



純正とはハンマーの形状違うので、この隙間から見える景色も若干違います。



次回、GHK RPKへのスチールハンマー組み込み。






同じカテゴリー(GHK AKM GBB)の記事画像
GHK AKM GBB ファイアリングイピン交換
GHK AKM GBB 各種調整
ProWin GHK AKM GBB用マガジン
GHK AKM GBB その3
GHK AKM GBB その2
GHK AKM GBB その1
同じカテゴリー(GHK AKM GBB)の記事
 GHK AKM GBB ファイアリングイピン交換 (2015-12-02 22:24)
 GHK AKM GBB 各種調整 (2015-02-20 11:58)
 ProWin GHK AKM GBB用マガジン (2014-10-14 20:20)
 GHK AKM GBB その3 (2014-09-01 20:50)
 GHK AKM GBB その2 (2014-08-31 20:06)
 GHK AKM GBB その1 (2014-08-29 19:46)

Posted by Timm_MK2  at 21:13 │GHK AKM GBB