CATEGORY:HurricanE M82A1

2017年03月24日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット

ヤフオク落札品。ショップ価格は150K~220K。
去年(2016年)終盤からヤフオクに、同じオークションストアから低価格スタートのが流れ始め、大体40~60Kくらいの間で落札されてた。電動のM82A1は、スノーウルフからフルセットの安い(といっても50K前後)のがあるので、組む手間考えたらそっちの方が良い。ただ、このキットの方が外装の品質高そうだったのと、手の届く価格で落札されてたので、入札開始。
それまでの落札価格から希望金額決めて入札したが、前回より意外と上がって諦め。
同じのが再び出品されたので、入札開始。若干予算オーバーしたけど、なんとか落札。
この次も出品されてたが、それ以降は出品無し。在庫が切れたようだ。

ウレタンの仕切りに分解状態で収められてる。ロアーレシーバーはほとんど組み立て済み。



主な材質はアルミダイキャスト。バイポッドはスチール。
表面仕上げは綺麗で、低価格の海外製品にありがちな傷とかは無し。



取説。上がキットの内容。下が、準備するパーツ。
Ver.2メカボ、190連マガジン、モーター、グリップ、セレクター、インナーバレルが必要。
電動M16を丸ごと準備する必要は無かったが、それが一番安く済む方法だったので。
まあ、初期のスタンダード電動ガンは軸受が樹脂なので、最新のVer.2型メカボ(ボールベアリング)買った方が良かった気がしないでもない。グリップもA1だと(デザイン的に)合わないので、A2用グリップも追加購入しなきゃだし、モーターも最低EG-1000くらいのが欲しい。バレルも、カスタムバレルの方が。
そう考えると、マルイ電動M16A1 VNを入手したのは間違いだった気が・・・。



まあ、買ってしまったものは仕方ない。
という訳で、移植用にまずはM16の分解から。



グリップからモーター取り出し。やはりEG700。
ピニオンギヤはほとんど摩耗してないが、なぜかグリス感も無し。



スタンダード電動ガンは、ガスブロのような簡単テイクダウン出来ない。
前後のフレームピン外した他に、トリガーピンも抜く必要ある。
このピンは右側にしか抜けない。



グリップ、マガジンキャッチも外す。
しかし、ここから動かない。何かが引っ掛かってる。



ネットで調べた分解方法では、チャージングハンドル引くとアッパーレシーバー外れると書いてあったが、イマイチ理解出来なかった。
引きながらアッパーレシーバー前方にずらして納得。メカボに引っ掛かってるので、チャーハンのロック解除するって意味か。



チャーハンは内部でスプリングと接続されてるので、外せない。



アッパーレシーバー外すと、ボルトカバーが落ちて来る。



アウターバレル(?)の材質証明。磁石がくっ付き、根元に錆が浮いてる。
真鍮製スリーブで首元押さえてるが、基本的に剛性不足。
このスリーブは簡単に抜き取れる。



バットプレートは下にスライドすると外れる。
メカボ後部まで延びてるネジ外して、リアストック外す。



メカボ取り出し時に引っ掛かるのが、このネジ。
ドライバーで外す。



メカボ後部とフレーム後部が引っ掛かって抜けなかったが、無理やり前方に押し込んでなんとか外せた。
外観形状をリアルにする為もあるだろうけど、結構プラの弾力使って組み込む場合が多い(マルイのスライドとブリーチも同様)。メタルフレームだと弾力無いので、この辺の形状も変わってるんだろうか・・・?
まあ、このメカボはM82A1に移植されるので、もうM16系に組まれる事は無いんだけど。



なんの変哲もない、Ver.2メカボ。ネジの種類も同様。
一度も分解してないのかと思ったら、前のオーナーは分解して手を加えてたようで。
メカボックス開けてチェックすると、中のギヤ周りは高粘度グリスがたっぷり。回転の抵抗感が高め。
また、ピストンのOリングやシリンダー内部には、工業用グリス(高粘度で飴色のヤツ)がたっぷり塗られてて、ピストン前後の抵抗がおもいっきり増えてる。なるほど、フルオートサイクル遅い訳だ。
これら高粘度グリスは拭き取っておいた。特にシリンダー内部は入念に。
スイッチ金具は焼損まではいってないが、大分すすけた感じ。



アッパーレシーバーからインナーバレル&チャンバー抜き出し。
フラッシュハイダー外して先端の樹脂パーツ外すと、インナーは後方に抜き取れる。



前のオーナーがやったのか、熱収縮チューブで固定されてた。
チャンバーはキットのを使うし、必要なのはインナーバレルなので取り外し。
インナーバレル内部は、当然のごとく汚れてた。



古いチャンバーパッキン使わず、新しいのに替えようと最近購入したチャンバーパッキンをチョイス。
ただ、コイツはホップ用の突起が無いタイプだった。長掛け用ホップのチャンバーパッキンだが、それに合ったチャンバーじゃないと意味が無い。普通のホップシステムに組んでも最大限の効果は発揮出来ないので、コイツはパス。



という事で、余ってたPDI Wチャンバーパッキン 電動用を使用。
チャンバーへの組み付けはちょっときつかったが、それだけ気密性高いと言う事で。



現在、メカボ内部のカスタムパーツ待ち状態(代金支払い済み)
A2用グリップとEG-1000モーターはまだ落札してないので、完成はもうちょっと先になりそう・・・。
あと、スコープも買わないと。


ちなみに、カテゴリが国産電動ガンとなってるのは、中身がマルイ製だから。






同じカテゴリー(HurricanE M82A1)の記事画像
HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け
HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 完成
HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット グリップ
HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット メカボパーツ
HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 本体組み立て
同じカテゴリー(HurricanE M82A1)の記事
 HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け (2017-04-11 19:53)
 HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 完成 (2017-04-08 08:56)
 HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット グリップ (2017-03-31 21:24)
 HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット メカボパーツ (2017-03-27 22:41)
 HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 本体組み立て (2017-03-25 13:20)

Posted by Timm_MK2  at 19:43 │HurricanE M82A1