2017年03月07日

AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド 分解

ネットでググれば分解してる記事発見出来るが、とりあえずそれらを見ないで分解開始。
分解の基本は見えるネジ外す所から。
まずは、固定バンドを外す。
着剣ラグの下にあるネジ2本外してアウターバレル前進させ、ハンドガード外す。



アウターバレルは外から見える部分のみで(まさしくアウター)、中はインナーが通ってるだけ。
ストックの剛性高いから、これでも十分バレルの固定が出来てる。
安物特有のコストダウンだが、WEのP90もこんな感じだったっけ・・・。



レシーバーピン(矢印)は結構固く、ピンポンチ当ててプラハンマーでガシガシ叩いて抜き出す。
(この時は右から叩いて左に抜いたが、後に組み立てる時に右から挿したらすんなり入った。抜き出す際は、右に抜くようにすると良いかも)

レシーバー留めてるネジは、あとレシーバー後端上側のネジ1本のみ(写真撮り忘れ)
それ外せば固定されてる部分は無いが、レシーバーとトリガーガードは一体の為、上に引き出すしかない。
その際、マガジンキャッチとセフティが引っ掛かるので、マガジンキャッチはネジ外して、セフティはEリング外す。
Eリングは細めのマイナスドライバーで抉って外すが、けっこう固いので注意。



ハンドガード外す際に前進させたアウターバレルを、再び後退させる。
これで引っ掛かる部分は無いので、レシーバーを上に抜き出し、ストックと分離。



ストック前方には、赤錆でデコレーションされた鉄の丸棒が。
重さのバランス的に、リアにも同様のが入ってると思われる。
しかし、中華の鉄棒って、なぜ必ず錆びてるんだろう・・・?(分かりやすいような写真撮って無いが、着剣ラグ右側には、MADE IN CHINAの凸文字が)



レシーバー分解。
まずは、側面のガイド外してコッキングレバー外す。これらは亜鉛ダイキャスト製。



左右分割する際に邪魔になる、リアサイトも取り外す。
ツマミ押さえてウィンデージスクリューにプラスドライバー当てがって左に回すと、あっさり外せる。
その際、クリックボールの紛失に注意。内部には小さなスプリングも入ってるので。
リアサイト下にもスプリングが入ってる。
リアサイト外すとベース留めてるネジが見えるので、それ外す。



レシーバーの左右留めてるネジ全て外す。
トリガーガード前にあるのを除いて、全て同じネジ。
ちょっと開いた時、スプリング付きの小さなパーツがポロリ。どこに付くのかこの時点では不明だったので、ここでやっとネットで調べてみる事に。



内部パーツは結構バリが残ってて、こちらも千切ったようなゲート跡が。
ホップ調整はマルイ電動のような構造で、意外と本格的。



内部は半透明の中華グリスまみれ。といっても片側に集中してて、レシーバー右のレール部分には全く塗られてなかった。



シリンダー内部もグリスまみれ。
M1903に使われてたのよりは粘度は低いが、ナイロンカップにグリスは必要無いのに。
撃ってる内にインナーがグリスまみれになるのは、この内部の大量のグリスが原因。
シリンダー奥の方にもたっぷり塗られてたので、入念に拭き取っておいた。



アホほど固いピストンスプリングは2巻半カット。あまりカットして初速落ち過ぎてもダメだし、あまり長さに余裕無いので、切り過ぎると撃った後にピストンがブラブラする(MSR338のように)。この程度が丁度良いみたいで。
カットした部分はラジオペンチで無理やり曲げて整形。
パワーが必要無いといっても0.2g以上のBB弾を使うならある程度は必要だし、なによりハンドガンより長物が低いのは、我慢ならないので。



シリンダー内部にいやというほどグリス塗られてても、スプリングやガイド、スプリングが通るピストン内部には全く塗られてなかった。組み立ては素人仕事のような。
一応、塗っておいた。



インナーバレルは綺麗に加工されてるが、ホップ用切り欠きは切削してそのままで、少々バリが。
それらを削って内部研磨&清掃も行った。
チャンバーパッキンは外側に固定用の凸部が無いタイプ。ホップの出っ張りは普通型。



インナーバレル長は420mm。



ホップ調整はレバー下げる方式だが、クッションラバーは無く樹脂製レバーが直接押すタイプ。
なので、ちょっとカットして



太さ2.4mmのOリングをカットして、1mmドリルで中抜きして柔らかくしたのを入れる。
つまり、クッションラバー自作。
ちょっとクッションラバーの突出しが多く、ホップ最弱でも結構出っ張ってるので、調整ダイヤル加工してレバーの上昇量アップ。



トリガー機構。内部は安物エアコキに相応しく、シンプルそのもの。
シアをトリガーで直接動かすタイプなので、トリガー重い。
また、トリガースプリングが無いが、分解時にそれらしき物は確認できなかった。他ブログだと、しっかりトリガースプリングが確認出来るので、個体差か。まあ、無くてもシアスプリングの反力でトリガー戻るし、余計な負荷が減るので無くても良いかも。

少しでも作動滑らかにする為に、シアと接触するトリガーの傾斜を磨き上げる。ちょっとPLも残ってたし。
まあ、あまり効果無さそうだけど。トリガー軽くするなら、機構そのものに手を加える他ない。
また、トリガーは金属だがシアは樹脂。こちらの耐久性も心配(シアをスチール削り出しで・・・。しかし、そうなると樹脂製ピストンの耐久性が減る。ピストンも金属で作るしかないのかも・・・)



左右分離時に落ちた小さいパーツは、ホップダイヤルのクリック用。
ネットで調べて判明しました。
取説にはパーツリスト載って無いので・・・。



左側にパーツ集中させて、右半分を嵌め込む。



ストックに組む前に作動チェック。
問題無く作動した。



コッキングレバーリターンスプリングはかなり固く、コッキングが重い一因でもある。
コッキングして手を放すと、バシャッとガスブロ並みの速さで戻る。
で、この取り付けは前方ネジだが、スプリングに負けて斜めに捩じ込むとネジ山がバカになる。
あまり強く締めつけずに、しかも簡単に抜けないよう、ネジロック併用をお勧めする。



ノンホップでの初速。使用BB弾は、分解前にチェックしたのと同じ0.2g。
若干の初速ダウンと、グリス拭き取り効果か、安定性アップ。
スプリングの長さの関係であまりカット出来ないので、もっと弱くて長いスプリングと交換と言う手もあるが、M1903やVSRと比べて短いピストンストロークで初速出してるので、強くて短いスプリングの方が合ってるのかも(M1カービンのコッキングストロークは約52mm。M1903は約60mm)

コッキングは、分解前(スプリングカット前)に比べて、劇的!というほどでは無いが、ちょっとは軽くなった。
人差し指で連続で引いても、あんまり痛くならない。
まあ、ゆっくり引くんじゃなく、一気に引いてぱっと離す、こういう動作だと負担も少ないし給弾不良も起こり難い・・・はず。

0.2gでノンホップだと、ダイヤル内部加工した所為もあって、全くホップ掛かって無い。15mほどでストンと落ちる。
適正ホップまでダイヤル回す。20m以上フラットに飛び、かなり安定した弾道。ただ、たまにフライヤー起きる。
その適正ホップで再び初速測定。



若干ダウン&バラつきアップ。
ホップ掛けて安定性落ちるのは、ホップ自体の安定性がイマイチな所為かも(マルイ電動はもっと安定してるし)
クッションラバーやホップレバーを弄って安定感上げるとか、出来るかどうか試して無いが、チャンバーパッキンの交換も。
ちなみに、室内だとM1903に匹敵する命中精度発揮します。インナーバレルが一段上の製品と同格ってのも大きいかと。

アウターとインナーの関係として。
アウターバレル内径はかなり広く、9mmどころか45口径に近い。対するインナーバレル外径は8.5mm。インナーバレルはアウターバレルに接触せず、その手前の着剣ラグがある樹脂パーツで固定されてる。先端から約100mmほどフリーフロート状態。
着剣ラグのある辺りでも、インナーに対して少々余裕多めで、命中精度に影響する。その辺りにアルミテープかシールテープ巻いて、ガタを少なくするのも手かと。


元が安いので、色々試せる。弄るほど性能アップする素性の良さもあり、中々良い製品だと思いましたね。
ダイヤの原石のような(褒め過ぎ?)






同じカテゴリー(AGM M1カービン)の記事画像
AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド スリング他
AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド リアサイト
AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド
同じカテゴリー(AGM M1カービン)の記事
 AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド スリング他 (2017-03-20 12:20)
 AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド リアサイト (2017-03-08 13:07)
 AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド (2017-03-06 12:40)

Posted by Timm_MK2  at 18:50 │Comments(0)AGM M1カービン

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。