2016年12月29日

3Dプリンター 1/3グリップ

S&W M629 パフォーマンスセンター NATO GREENに同梱されてた、1/3スケールのベレッタM84用グリップ。
M629を譲って下さった方が最近3Dプリンターを購入されて、試しに作成してみたとの事。材質は、PLA。
積層ピッチは0.05mm。最高品質でも、緩やかな曲面には段差が見える。
文字は綺麗に仕上がってる。



裏面。この部分は台座というか、サポート部分。



意外と簡単に分離出来ました。



とりあえず仮組み。
と言っても固定用のダボは無いので、載せてるだけ。
形状は、無加工でもぴったり合ってる。



ただ、やはり樹脂を熱して積層してる関係か、少々反りが見受けられる。



こっちも大分隙間が。
まあ、底面を平らに造形してるので、バックストラップとの隙間はどうしようもない。



取り付け部分、薄くなるよう削ってみた。



後ろは元の厚みが足りない。



この樹脂は削るのがちょっと困難。ジュラコンのように粘りがあり、表面は硬めで、目の細かいヤスリだと全く削れない。
で、ルーター使ったら、刃が当たる部分溶けて軸に纏わりつく。熱には弱いみたいで。
仕方ないので粗めのヤスリや粗めのペーパーヤスリでゴリゴリと。途中から、空洞見えてきた。
3Dプリンターで出力した物は、削るのには向いてないようで。


私が3Dプリンター購入した時の参考になりました。
なんとか来年中には購入したいと思ってますので。


ちなみに、その方が購入した3Dプリンターはこちら↓。








同じカテゴリー(その他)の記事画像
高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装
(株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版
屋外プリンキング 2017年春
サムライエッジ アルバート.W.モデル 01 予約開始
趣味とは
グロック社の新製品
同じカテゴリー(その他)の記事
 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装 (2017-09-18 12:26)
 (株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 (2017-08-04 20:19)
 屋外プリンキング 2017年春 (2017-05-07 21:33)
 サムライエッジ アルバート.W.モデル 01 予約開始 (2017-03-01 06:06)
 新製品情報 他 (2016-11-26 18:44)
 趣味とは (2016-05-22 17:29)

Posted by Timm_MK2  at 18:48 │その他