CATEGORY:WE P38

2015年07月09日

WE P38 その3

(クリック拡大)
各社P38比較。
左から
WE P38 GBB
マルゼン P38 GBB SV
マルシン P38 ABS樹脂モデルガン

WEは無刻印(これはシール貼ってる)
マルゼンはac40ミリタリー刻印
マルシンはコマーシャル刻印
マルシンの右側は、メーカー刻印のみ。



P38の魅力の一つ、バレル・スライド・フレームの噛み合わせ。
WEは隙間大きい。しかも、バレル・スライド・フレームが面一じゃなく、スライド出気味。
マルゼン、隙間小さい。スライドレール中ほどを大きく抉る事で、フリクションロス低減してるのかも。
マルシン、バレルとスライドの隙間大きめだが、他は隙間小さい。組み合わせ先端は最も面一に近い。

スライド幅は
マルゼン・WE共に31.8mm(マルゼンのブラックABSは31.6mm)
マルシン 30mm

マルゼンはワルサー社から実銃図面提供されて設計したらしいが、スライドの幅だけはなぜか広くなってる。
これはZEEKの真鍮削り出しキットと比較しても明らか(ある個人ブログに記事ありました)
戦後P1はスライドの幅アップさせたのか?それとも、マルゼン独自のトイガン用デフォルメだろうか?
同じプロップアップロッキング方式を採用したベレッタM92Fと違い、ワルサーP38はスライド破損したって記録は無いはずなので、戦後P1で厚さ増やして強度アップしたとは考えにくいのだが・・・(P1はフレームがアルミになったが、バレルとスライドはスチールのまま)
マルゼンはスライド内側の大部分を金属パーツで占めてて、樹脂はその外側に被さってるだけ。樹脂の厚さを考慮して、スライド全体の厚さを増やしたと考えるのが妥当だと思うのだが。
実際、製品化されてるのは戦後P1じゃなく、戦中バージョンなのだから・・・。



フロントサイト比較。マルゼンは実用性重視で低く成型。WEとマルシンは実銃同様高めだが、WEの形状はマルゼンのに近い。マルゼンのをそのまま高くしたような。
サイト自体は、マルシンとWEは一体成型、マルゼンは別パーツの金属製。
WE、M92の新型やM84では他社が一体成型にしてるフロントサイトを別パーツにしてたのに、なんでP38で手抜くかな~?
WEの設計担当者には、P38に対する愛が圧倒的に不足してる気がする。
また、WEは全体的にエッジが丸く、形状のシャープさが足りない(同社M84のスライドは、あんなにシャープで出来良かったのに)



エッジが丸かったWEのフロントサイト、金属ヤスリで削ってエッジをシャープにしました。



カートリッジインジケーター、突き出し量はマルシン>WE>マルゼンの順。
まあ、WEのは弄って突き出し量変えたんだけど(WE P38 その1参照)。



マガジン比較。
上がマルゼン(マルゼンのシルバー用マガジンはガス漏れ全く直らなくて破棄)



それぞれ左がWE、右がマルゼン。
マガジンガスケット以外、全く同じに見えるが



互換性は無い。マルゼンのはWEに入るが、WEのはマルゼンよりも太くて入らない。



ちなみに、普段空撃ちする為にフォロアーストッパーを自作しといた。



テイクダウンは普通に出来るが、マルゼンのようにショートリコイルさせただけだとバレル・リティニング・ラッチが途中で引っ掛かる(一応、マルゼンと同じ溝はある)。無理すれば回りそうだが・・・。
スライド引いてホールドオープンさせてからラッチを回した方が確実。



マルゼンのコピーなので、ホップアジャストも全く同じ。



リコイルスプリング・ハンマースプリング共にWEの方がかなり強い。
マルゼンはテイクダウンするとリコイルスプリングガイドが勝手に飛び出すが、WEはその心配無し。
マルゼンはハンマースプリングをグリップウェイトで押さえてて、最後は慣性でバルブ叩くが、WEはそういう機能が無いので、ハンマーダウンだと常にバルブノッカーやファイアリングピン(スライドのパーツ)を押してる。ハンマーダウン状態でマルゼンはセフティ回せるが、WEはちょっとハンマー起こさないとセフティ回らない(セフティでファイアリングピンを止めてるので)
ハンマーコッキング状態からのセフティON→デコッキングは、WEのもマルゼンと同じく作動する。



フレームの、ロッキングブロックを当てて上昇させる部分、マルゼンは金属だが、WEは樹脂。



バルブを叩くメカニズムに大きな違いが。

マルゼン
バルブノッカーがハンマーに付いてて、バルブを叩く→バルブロックが下りてバルブが押された状態で固定&ガスがシリンダーに流れてブローバック開始→スライド後退してハンマーがコッキングされる→ハンマー下の出っ張りがバルブロックを押し上げる→ガス流出ストップ

WE
ハンマーが落ちてバルブノッカーを押す→ノッカー前進&ノッカーロックが作動して飛び出た状態でロック→バルブが押された状態でガスがシリンダーに流れる→ブローバック開始・スライドが後退する→ある程度スライドが後退したら、ノッカーロックを押し下げてバルブノッカーのロックを解除→ガス流出ストップ

WEの方がガス流量調整しやすいので、優れてると言える(但し、ノッカーロック押し下げる部分は樹脂パーツ)。機構的にはマルイのコピーだが。
ハンマースプリングはWEの方がかなり強力だが、D/A時のトリガーフィーリングは悪くない。滑らかに作動する。
マルゼンのトリガー軽すぎるので、WEくらいが丁度よく感じる(ガスガンとモデルガンの中間くらいの重さ)



スライド。内側のレール部分ほとんどが金属なマルゼンに対し、WEは一部が樹脂。
WEのブローバックエンジン、ブリーチ形状こそそっくりだが、中身はマルイ。負圧式のフローティングバルブがノズルに入ってる(こちらは発射機構をオミットしたので、フローティングバルブは前進位置で接着されてる)



寸法ほぼ同じコピーだからといっても、完全互換じゃない。
マルゼンのシルバーはメッキ被膜のせいか全く組めなかったので、ブラックABSをチョイス。
WEアッパーとマルゼンフレームは一応組める。マルセンアッパーとWEフレームは、これ以上後退しない。



スライドストップ掛かるまで後退出来たWEアッパーとマルゼンフレームの組み合わせだが、ご覧のようにハンマーダウンでもトリガー戻らない。
まあ、トリガーバーを交換すれば大丈夫そうだが・・・。
ちなみに、グリップは完全互換です(マルゼンのグリップ、ウェイト付いたままでもWEに組める)。

ハーフメタル化で一番可能性高いのが、WEのバレル+スライドと、マルゼンフレームの組み合わせ。
但し、バルブを叩く構造が違うので、ハンマー周りを丸ごと交換する必要ある。
ただ、M84のようにシャーシ交換で済む話じゃなく、かなりの大手術が必要。WEのマガジンもそのままだと入らないので、かなり削り込まないといけない。


結論
WEから樹脂フレームのP38が出るのを待った方が利口です(´・ω・`)。






同じカテゴリー(WE P38)の記事画像
WE P38 壁紙
WE P38 その2
WE P38 その1
同じカテゴリー(WE P38)の記事
 WE P38 動画 (2015-07-10 21:38)
 WE P38 壁紙 (2015-07-08 19:47)
 WE P38 その2 (2015-07-08 12:34)
 WE P38 その1 (2015-07-07 12:33)

Posted by Timm_MK2  at 21:03 │WE P38

COMMENT
こんばんは。

ハーフメタル化難しそうですね。
WEへの期待と、マルゼンのバリエーションも期待したいです。
マルゼンでチェッカリングのグリップは、出てないですよね、
初期の箱絵を見ると、出ているものと思ってました。
Posted by 松本市在住 at 2015年07月09日 22:21
松本市在住さん、こんばんは。

バルブノック機構がまるっきり違うので、移植が困難なんですよね。ガスブロってほんのちょっとの寸法差で作動不調に陥りますので・・・。
日本向けに、樹脂フレームを出してくれる事を期待するしか。
P38の日本での人気は異常なくらいなので、十分儲けは出ると思いますし。
タナカやマルイが発売中止し、マルゼンでのバリエも止まってるので、WEに期待せざるをえないというか。
あ、KSCで出してくれても良いんですがw。
マルゼンの箱絵、KSCの取説同様に実銃バリエを書いてただけみたいですね。いつかは全種類出してくれると期待してたのに・・・。
チェカーグリップの方が滑らないので、好みだったりします。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年07月09日 23:10
お疲れ様ですmightyです。
これまた今までで一番中途半端な仕立てと言うかマルイ式にしたいのか
マルゼンをコピーしたいのかとにかくハンパですね~。
仰るとおりWEアッパー+マルゼンのロアフレでマルゼンマガジンにWEのリップラバー(吐出)を移植なんて無理ですかね。
これならばなんとかローディングノズルとマガジン吐出ラバーの位置は合いそうな感じがするのですが。
でもなんか微妙な感じですもんね、確かにいちばん簡単なのはWEが樹脂ロアフレを出してくれたらベストなんですが。
とりあえず暫く様子見します、今回もとっても参考になりました。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年07月10日 00:58
mightyshrikesさん、おはようございます。

WEとしては、P38を手っ取り早く製品化したい→マルゼンのをコピーしよう→高圧ガスに耐えられるように今まで同様マルイ方式のエンジンで
という感じなんでしょうね。マルゼンの構造だと、TOPガスやグリーンガスと相性悪いので。
マガジンは、内側削ればなんとかなるんですが(M84で実証済み)、問題はバルブノッカーユニット。マルゼンとはまるっきり違うので。
なので、もしWEのP38入手したとしても、私のようにモデルガン化する以外、合法所持は無理なようです(ガンブルー色のP38も捨てがたいのですが)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年07月10日 07:02
はじめまして。WEp38は
デコッキングからセフティをもどして
ハンマーを少し押すと
発砲してしまうんですよね
あぶないです。
なんでここをちゃんとしなかったんだろう?
Posted by p38大好き at 2015年07月10日 21:42
p38大好きさん、はじめまして。

WEのデコッキングはウェスタンアームズのM84FやM92Fに近いですね。バルブの手前で物理的にハンマーを止めるという・・・(WAはその後ハーフコックで止まるので、問題ないですが)。
マルイのM9A1のようにバルブノッカーも押し上げる構造だと安全なんですが、スペース的に厳しいのと、やっぱり海外製品ですからw。
まあ、国産ほどの安全性求めるのは酷というもの。
マガジン抜いてハンマー落として、その後マガジン挿せば安全です。その代り、一度スライド引かないとバルブ叩けませんが(保管時はそのように)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年07月10日 21:50