2015年07月08日

WE P38 その2

刻印無しは寂しいので、なんちゃって刻印施してみました。
パソコンで作成した転写シールです。



P38ではなくHP刻印。「WALTHER HP」で画像検索して見つけたのをフォトショで加工して印刷。
角度によってはシール部分との違いがはっきり見えるけどw。
HP刻印にしたのは、ZEEKから出てたHP刻印の真鍮削り出しキットが買えなかったというのも(主に金銭的な理由)
マルゼンでワルサーHP出してくれれば最高なんですが・・・。



ワルサーP38の魅力の一つのホールドオープン。このメカメカしさが堪らない。



LEDケースに入れた状態。



単4電池3本使用して発光させる事が出来ます。
スイッチ入れる度に

点灯強→点灯弱→点滅→消灯

の繰り返し。
点滅は静止画では伝わり難いので、その内動画で。



さて、塗装した後に問題となるのが、被膜強度。私が使ってるのはトイガン専用塗料じゃなく一般模型用塗料。
普通に使う分には簡単に剥げないが、撮影時に樹脂とかの上に置いて動いて擦れたり、不意に爪が擦れたりすると剥がれる危険性が。ABS樹脂は喰い付き良いので簡単に剥げないが、金属への塗装だと剥げやすい。
対策としてクリアー塗料多めに塗ったり、キャロムのジルコニア塗ったりしてたが、ある有名カスタマーの方のようにウレタンクリアー塗るのが一番強度高そう。ただ、二液混合タイプだと、少量塗る場合には使いにくい。

最近車買い替えたので、ボディのコーティング剤にも拘ってみようと色々探してたら、ある物を発見。


シュアラスター ゼロウォーター。
シリコン系コーティング剤の一種だが、他と違うのは塗装分子と結合してガラス成分を形成する点。
これが本当なら、キャロムのジルコニアを塗ったのに近い効果が得られる。しかも乾燥するまで待つ必要無し(但し、完全定着まで丸一日かかる)
詳しくは、下のアフェリからアマゾンでの説明文をお読み下さい。
もっとも、ゼロウォーターとゼロドロップとゼロプレミアムの違いがイマイチ分かりにくいんですが・・・(なので、カー用品店で、一番安いゼロウォーター単品を買った)

※撥水性が違うようです。プレミアムが一番性能良いけど、高過ぎ。



裏面の説明書き。



塗装乾燥後、組み立てる前のWE P38に使用。
ワックスほどツルツルしないが、光沢はアップ。また、表面硬度も上がった気がする。


カー用品のように、需要ある市場だと技術開発も盛んなようです。
勿論、トイガンだけじゃなく、普通に車にも使いますけどねw。



塗ってから色々作動させたり弄ったりした結果。
金属同士擦れる部分は塗装剥げる。また、固い物に当たったり強く擦れると表面剥離する。
まあ、下地への塗料の喰い付きも関係してますが。
金属への塗装はしっかり喰い付くように下地処理して、プライマー塗ってきちんと乾燥させる事が大事(下地処理、適当だったw)






同じカテゴリー(WE P38)の記事画像
WE P38 その3
WE P38 壁紙
WE P38 その1
同じカテゴリー(WE P38)の記事
 WE P38 動画 (2015-07-10 21:38)
 WE P38 その3 (2015-07-09 21:03)
 WE P38 壁紙 (2015-07-08 19:47)
 WE P38 その1 (2015-07-07 12:33)

Posted by Timm_MK2  at 12:34 │Comments(6)WE P38

この記事へのコメント
こんなhnですが、P38も大好きです。
お見事な作例の掲載、いつも楽しみにしております。
このガラス系のコーティング剤ですが、手や指との摩擦にはどの程度の耐性がありますか?
銀色のトリガーが好きなので、磨き出し後の保護に使えないかと考えました。
Posted by sig好き at 2015年07月08日 14:00
sig好きさん、はじめまして。

このコーティング剤ですが、塗装面をガラスコーティングするので、塗装面以外には効果ないかと思います。
トリガー磨くって事は、材質は亜鉛ダイキャストですよね。綺麗に磨いた亜鉛ダイキャストは時間経過で曇るので、表面保護が必要になりますからね。
ただ、亜鉛って塗料の定着悪いので、メタルプライマー塗っても剥げたりします。キャロムのジルコニアが良さそうですが、何度も擦れるとやはり剥げてきますね。ウレタンクリアーは使った事ないのでなんとも言えませんが(オラガバニストさんとこで良く使ってる)、亜鉛に対してどれだけ喰い付きが良いのか。
メッキ、あるいはパーツメーカーのステンレス削り出しのが一番良いんでしょうけどね。
イマイチ要領得ない回答で、申し訳ありません。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年07月08日 17:50
ご回答ありがとうございました。
なかなか難しいもので、より悩みは深まりました。
25年越しに入手したMGC M92F(固定スライド)をレストア中なので、これを実験台に加工してみようと思います。

それから、マルゼンP38には実銃戦後形のグリップがポン付けできるそうです。
あれは寸法的にはP1に近いという話を聞きました。
Posted by sig好き at 2015年07月08日 20:06
sig好きさん、こんばんは。

気に入ってる銃は徹底的に弄り倒したくなりますよね。
レストア、上手くいくと良いですね。

マルゼンP38は実銃図面提供との事なので、各部の寸法は今までのP38のトイガンよりは正確なんでしょうね。ただ、マルシンP38と比べてスライド幅が広いので、P1自体が幅広に設計し直されてるか、樹脂スライドの内側に金属パーツ仕込む為に肉厚分増やした可能性も。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年07月08日 20:34
はじめまして。

転写シールのアイディア、素晴らしいですね!

ただふと思ったのですが、転写シールのサイズをスライドの側面形状にして全体的に貼れば光の角度による見栄えをかなり改善できるのではないでしょうか?

HP刻印やその他、刻印バリエーションをマルゼンさんが出してくれればいいんですけどねぇ・・・。
Posted by Wica at 2015年12月06日 13:56
Wicaさん、はじめまして。

転写シールは仮刻印として貼り付けたので。クリアーを上塗りすれば境目目立たなくなるけど、後で刻印刻む予定ですし(何年後になるかは不明・・・)。

マルゼンでバリエーション増やさないのは残念ですよね。HPとかは、形状そのままで刻印とグリップ替えるだけで良いのに(WA商法)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年12月06日 19:54
誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。