CATEGORY:アンティーク・トイガン

2015年05月15日

MGC オートマグ

MGCのABS樹脂製ブローバックモデルガン、オートマグ。
かなり古いモデルです。
前の持ち主が処分すると言ってたのを、ある方が引き取って、その方のご厚意で頂戴しました。



金属ボルトの初期型。
白い跡は地色じゃなく、何か他のと擦れて色移りしたようです。
前の持ち主は、箱に他の物と一緒に無造作に入れてたのか、傷がかなり多い。



リアサイト付け根のロールピン付近に破損あり。



リアサイト自体は全く調整出来ず、スクリューヘッドはモールド。



右側の刻印はMGC独自の物。



ボルトヘッドには、マイクロロッキングラグがしっかり再現されてる。



ボルト後部とコッキングピース。



ホールドオープン。
ボルトストロークは結構ある。



マガジンフォロアーがボルトストップ機能兼ねてる。
マガジン抜くとボルトは前進する。



ボルトは中が大きく肉抜きされてて、実銃を出来るだけ再現しようとした跡が伺える。



モデルガンなので当然インサート入ってる。
実銃には無い肉抜きも、当時のモデルガンとしては仕方ない部分かと。



刻印は、最初のオートマグ・コーポレーションの物かと。



マガジンも錆びあり。
カートは無し。



ABS樹脂の割に重めなのは、金属ボルトと金属チャンバーのおかげかな?



セフティはプランジャー紛失してるのでプラプラ。下がるとセフティONなので、勝手にセフティ掛かってる事も。
ボルトストップはマガジンフォロアーと連動してて、ボルトストップ機能こそ無いが、下げるとフォロアーも下がり、空マガジン挿した状態でもホールドオープン解除出来る。



マガジンキャッチは板バネ式。
なぜか国内のオートマグは、全て板バネ式のマガジンキャッチを使ってる(金属モデルガンはコクサイが初で、そちらも位置こそ違うが板バネ。コクサイのコピーのマルシンも同様)

分解方法は取説に詳しく載ってるらしいが、あいにく本体のみで箱・取説無し。
幸い、取説の分解方法の写真をアップしてるブログがあったので、そちらから写真をDLしました。
その内分解レストアします。



次回はマルシン・オートマグとの比較。






同じカテゴリー(アンティーク・トイガン)の記事画像
LS モーゼル・ミリタリーM96
MGC オートマグ 比較
アンティーク・トイガンコレクション 番外編2
アンティーク・トイガンコレクション 番外編
アンティーク・トイガンコレクション 第13回
アンティーク・トイガンコレクション 第12回
同じカテゴリー(アンティーク・トイガン)の記事
 LS モーゼル・ミリタリーM96 (2015-12-18 19:33)
 MGC オートマグ 比較 (2015-05-19 21:14)
 アンティーク・トイガンコレクション 番外編2 (2012-12-14 08:41)
 アンティーク・トイガンコレクション 番外編 (2012-12-13 08:21)
 アンティーク・トイガンコレクション 第13回 (2012-09-11 07:21)
 アンティーク・トイガンコレクション 第12回 (2012-09-08 17:30)

Posted by Timm_MK2  at 05:48 │アンティーク・トイガン

COMMENT
こんにちは、Timmさま。

 画像アップしていただき有り難う御座います。
セフティのパーツか良くわからない物がありますので
近日お送りします。

現物より綺麗な画像ですね。うれしく思います。
Posted by ある方 at 2015年05月15日 16:59
ある方さん、こんばんは。
その節はありがとうございました。

写真ってのは、実物より綺麗に撮れてナンボですからw。
その内仕上げ直したいと思ってます。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年05月15日 19:37