2015年03月01日

Hephaestus HTS-14 GBB 木製グリップ塗装

RA-TECHの木製グリップはオレンジ色でAKMには合うんだけど、HTS-14のハンドガードとちょっと合わないと感じたので、カラーニスのウォルナットで塗装しました。



薄め液で希釈してエアブラシ吹き付け。時期が時期なので完全乾燥まで約1週間費やしました。今の時期はエポキシやポリパテとかも完全硬化まで1週間以上費やします。
写真よりちょっと茶色っぽい感じでハンドガードの赤っぽさとは違いますが、実銃の雰囲気に大分近づいたんじゃないかと。






同じカテゴリー(Hephaestus HTS-14)の記事画像
Hephaestus HTS-14 + ミニドットサイト
Hephaestus HTS-14用マガジン
Hephaestus HTS-14 GBB バーチカルフォアグリップ他
Hephaestus HTS-14 GBB 各部調整
Hephaestus HTS-14 GBB 小ネタ
Hephaestus HTS-14 GBB その3
同じカテゴリー(Hephaestus HTS-14)の記事
 Hephaestus HTS-14 + ミニドットサイト (2015-12-04 18:54)
 Hephaestus HTS-14用マガジン (2015-11-03 18:53)
 Hephaestus HTS-14 GBB バーチカルフォアグリップ他 (2015-02-24 19:19)
 Hephaestus HTS-14 GBB 各部調整 (2015-02-19 19:06)
 Hephaestus HTS-14 GBB 小ネタ (2015-02-18 12:29)
 Hephaestus HTS-14 GBB その3 (2015-02-17 12:24)

Posted by Timm_MK2  at 13:14 │Comments(4)Hephaestus HTS-14

この記事へのコメント
お疲れ様ですmightyです。
シブくていい感じの色に塗られましたね、ほぼ完成の領域に来ましたかね。
これだけ手を賭けてやったらグローザもさぞ喜んでいる事でしょう。
ハイパー道楽のフォトコンに出したら良いのではないでしょうか。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年03月01日 21:26
mightyshrikesさん、こんばんは。

感想、ありがとうございます。HTS-14や同じメカのAKM、マガジンから中身出してしっかり温めたらほぼ1マガジン分フルで撃てました(空撃ちで)。WEは1マグ一気撃ちは無理なので、国産並みの作動性です。
その内動画をアップしますので(指先がボロボロなので、まだ暫く撮影出来ない)。

ハイパー道楽さんとのフォトコンテスト、すでに投稿済みですがご存じなかったですか?かなり初期の頃に投稿してますが(No.21)。一人一枚しか投稿出来ないので、グローザはお預け(次回投稿用にするかも)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年03月01日 22:18
お疲れ様ですmightyです。
ハイパー道楽のフォトコンの投稿(No.21)拝見しましたよ。
青黒く輝くスコーピオン、これまた磨いて染め直してあってボロボロカッチョイイ!!
なして投稿を一人一枚って決めるかな~?
まー主催者側としては公平に平等にって配慮なんでしょうが。
でもグローザ君の味わい深い感じ、みなさんに見て頂きたいですよね。
どうしてロシアの銃器ってこんなに味わい深いオーラを発するのでしょうか?
そんじゃ次回はグローザ君のフォトで行きますか。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年03月02日 16:56
mightyshrikesさん、こんばんは。

スコーピオン、コンテスト始まってすぐ投稿しちゃったのであのように。
後で、専用サプレッサー装着して「サレントアサシン」って題名にすれば良かったかな~っと。

ロシアの長物って、なんか惹かれるモノがあるんですよね。西欧諸国の合理主義の銃もかっちりしてて良いんだけど、ロシア製の無駄に頑丈な所とか合理性無視した設計とか、そういう所に惹かれます。
最近のはレール付けたり樹脂パーツ増やしたりして、AKらしさが無くなってますが。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2015年03月02日 19:23
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。