CATEGORY:WE MSK(ACR MASADA)

2014年04月03日

WE MSK(ACR MASADA) スチール製内部パーツ組み込み

パーツは2014年3月28日の記事をご参照下さい。



まずは、交換対象のパーツを取り外す。
トリガーボックスの取り外し方は、過去記事参考して下さい。



右は、RA-TECH CNC スチールノズルガイド(WE MSK対応)
サイドの押さえパーツはほぼ同じ形状だが、上押さえるパーツはちょっと違う。
また、ネジの長さも違うし、スプリングも付属する。



スプリングはこのように組み、押さえパーツにテンション掛けておく。



上の押さえパーツ、サイドが無ければちょっとだけ前進する。ネジがかなり長いので、しっかり締め込んでも押さえパーツは完全固定されない。スプリングのテンションで奥に押されてるだけ。



次はハンマーやトリガー交換。
先にハンマーピンを抜く。



トリガー取り出すにはフルオートシアが邪魔なので、結局全て取り外す事に。



トリガースプリングやディスコネクタースプリング、そして真鍮のカラーも、元のをそのまま使う。



ハンマースプリング比較。
左の純正は日本向け仕様なので、そんなに強力じゃない。
むしろ、右のストライクアームズ製オリジナルスプリングの方が線径太く見える。
ただ、押してみた感覚では、ほぼ同じ強さだった(測定機器が無いので、あくまで感覚w)



上のZ Parts製スチールトリガーは、当然PL無しw。
スチール製ディスコネクターを組み込んである。



フルオートシア、スチールプレス製だが、角がかなり鋭利。亜鉛のメーカー純正ハンマーは、かなり削れてる。
私はこの銃であまりフルオートを多用してなかったが、それでもかなり減ってきてる。
この銃のオーナーで、内部パーツが亜鉛のままの方は、フルオートシアの角をちょっと丸めた方が良いかと。
私はスチールハンマーに替えたので問題無さそうだが、一応金属やすり使って丸めておいた。



組む時は、バラす逆順で。
トリガー、フルオートシア、ハンマーの順に組み立てる。



メーカー純正には無かったローラー、スチールハンマーには付いてる。
それまでのWE製M4系GBBのハンマーはローラー付きだったのに、MSKになったらローラー無しになったのって、何か意味があるんだろうか・・・?(M14のハンマーにもローラー付いて無いけどw)




このMSKは、同社ドラグノフに次いでリコイル強い。しかし、独立したバッファーは無く、ストック基部と一体成型の樹脂の突起が超スピードのボルトを受け止めてる。
で、このストック基部は空洞になってて、激しいリコイル受ける部分でもあるので破損が心配になり、安心して撃てなかったりするw。



そこで、空洞埋めるべくスペーサー作成。
空洞は深さ約5.5mmなので、それに合わせて。



薄い両面テープで貼り付け。両面テープにした理由は別にある。



しっかり閉じます。



更にリコイルバッファー作成。
ジャンクパーツの中から、何かのハンドガンのハンマースプリングらしきモノをバッファースプリングとして起用。
奥がちょっと狭くてスプリング噛むので、ワッシャー準備。
真鍮パイプで作ったガイドは、飛び出さないように内部に引きバネ内臓。ただ、この内部に仕込む為に外径4mm未満の引きバネ探したら、外径3.5mm、線径0.6mmのしか無かった。ちょっと(かなり)強めw。
バッファーガイド先端には、ゴムの塊りから削り出した物をくっ付けてある。
ちなみに、引きバネ固定に使ったピンは太さ1mmの鋼線。バッファースプリング組めば抜けない。



引きバネが通るギリギリのサイズの穴を開け、引きバネを引っ張り込んで1mm鋼線で留める。



組んだ状態。
樹脂パーツの先端は、1mmほどカット。



スペーサー裏側を、引きバネや鋼線の分削る。ルーターで削ったが、あっさり終わったw。以前だと、もっと時間掛かってたので。



スペーサー組んでもしっかり閉じる。
これで、強過ぎるリコイルが緩和&スプリングの反力でボルトの戻りが早くなる。
内部スペーサーで破損対策も万全。

さて、組んで試射してみたら・・・。


あまりマガジン温まってない所為もあって、リコイル弱いw。
マガジン温めて空撃ち。うん、問題無い。
マガジンの空撃ちモード解除して、ボルトストップの掛かりをチェックする為、弾込めずに1発空撃ち。
そしたら・・・


ノズル出たままホールドオープン。
あれ?以前はこんな事無かったのに・・・orz。



という訳で、次回試行錯誤で解決編。


あ、セレクターの弾頭モールド、そのままだと目立たないので白く塗りましたw。






同じカテゴリー(WE MSK(ACR MASADA))の記事画像
WE MSK用スコープ購入
WE MSK(ACR MASADA) フルオートシア・ガイドパーツ破損
WE MSK(ACR MASADA) スチール製内部パーツ組み込み その後
WE MSK(ACR MASADA) スチールアウターバレル組み込み
WE MSK(ACR MASADA) カスタムパーツ購入
WE MSK(ACR MASADA)用ロングバレル
同じカテゴリー(WE MSK(ACR MASADA))の記事
 WE MSK用スコープ購入 (2014-04-10 22:28)
 WE MSK(ACR MASADA) フルオートシア・ガイドパーツ破損 (2014-04-05 19:51)
 WE MSK(ACR MASADA) スチール製内部パーツ組み込み その後 (2014-04-04 22:19)
 WE MSK(ACR MASADA) スチールアウターバレル組み込み (2014-03-29 22:58)
 WE MSK(ACR MASADA) カスタムパーツ購入 (2014-03-28 19:41)
 WE MSK(ACR MASADA)用ロングバレル (2014-01-06 15:11)

Posted by Timm_MK2  at 20:13 │WE MSK(ACR MASADA)