CATEGORY:WE M&Pコンパクト

2013年11月04日

WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その3

いつの間にか30万ヒット超えてました(゚Д゚)。
いつもご訪問、ありがとうございますm(_ _)m。



インナーバレル先端は、ペーパーで均してからアルミブラックで染めてあるので、この状態だと目立たない。

実射だが、ブローバックエンジンがDXMとほぼ同じなのでVFCのマルイG18C機構よりはパワーがある。でも、リコイルスプリングが強過ぎるせいか、VFCのとマガジン温度同じでも勢い弱い。


強過ぎるリコイルスプリングをなんとかすべく、手持ちのを色々組んでみた。
VFCの元のスプリングがぴったりで、WEよりも若干弱い。でも、スプリング交換したVFCよりも引きがかなり重いので、そのスプリングをカット。
そしたら、見違えるような作動性に。


燃費と初速を測るべく、マガジンにガスチャージ。ちょっと入り過ぎた気もw(約10gチャージ)


使用するBB弾は、G&G 0.2gバイオBB弾。未開封で1年近く放置してたら袋が膨らんできてたので、速攻開封w。
BB弾はマガジンに16発入るが、16発目はリップぎりぎり。15発くらいまでにしといた方が無難かも。

最大初速測るべく、マガジンを人肌+α程度まで温める(手で触ってちょっと熱く感じる程度)
その状態でまず、2発外に撃って見た。案の定、生ガス吹きながら作動w。その次から初速測定開始。
最初は、67m/s
以降、2発目から11発目まで66m/sと、全く同じ数値が続く。
12発目で65m/s
残り2発は弾道見る為に測定無し。
ホップは最弱にしてたが、それでも25mあたりから上昇していく弾道。BB弾との相性もあるのか?

リコイルはコンパクトモデルにしては強く、VFCのM&Pコンパクトを軽く上回るリコイル。
でもまあ、WE XDMコンパクトにはちょっと及ばない感じ(スライド重量違うので)


16発撃って約5g消費。ちょっと燃費悪い気がするが、最初の5発まではBB弾と一緒に生ガス吹いてたので、正確とは言えないw。


フロントサイトの穴にネジ仕込んで固定。2mmタップだとフロントサイトの穴にネジ切れなくて、スライドの穴のみにネジ切ってる。ネジロック剤塗ってから取り付け。
手持ちで2.6mmのイモネジ切らしてたのでとりあえず2mmで固定してあるが(イモネジじゃなく、普通のプラス頭のM2ネジの頭切ったモノ)、その内M2.6のを取り付けてがっちり固定したいw。


実は、最初からあちこちに小さな擦り傷が付いてる。刻印彫る為に固定した時に付いたものかも?


チャンバートップはスライド内側と擦れてるけど、意外と傷付かない(グリス塗ってる)
しかし、スライドブリーチ上部とガツガツ当たるチャンバー後部は、メッキが捲れてきてるorz。



次回ラストは、VFCのM&Pコンパクトとの徹底比較。






同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト)の記事画像
WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その4
WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その2
WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その1
同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト)の記事
 動画 南部十四年式、WE M&Pコンパクト、VFC Walther PPQ (2013-12-05 19:07)
 WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その4 (2013-11-04 20:15)
 WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その2 (2013-11-03 18:37)
 WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その1 (2013-11-03 07:17)

Posted by Timm_MK2  at 12:11 │WE M&Pコンパクト