CATEGORY:M82A1 メタルアウターバレル仕様

2013年10月23日

中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 塗装

(クリック拡大)
レシーバー及びマガジンをマットシルバー調に塗装。マズルブレーキはブラックスチール。
ミリタリーライフルって、黒やゴールド(TANカラー)はあってもシルバーが無いので、この度やってみましたw。
ハンドガンならシルバー結構あるんですけどね。やはり、目立ったらマズイからかも?
スコープは、MSR338から拝借した、6-24x50。3-9x40のスコープもあるが、マウント低過ぎてスコープ覗けなかったので。



バイポッドは、裏をエポキシパテとポリパテで埋めて、均してからブラックスチールで塗装。塗料乾燥後、表面をスポンジやすりで磨いてる。
ただコレ、片側のみアルミの棒仕込んでるので、左右で重さが約9g違いますw。
ロック用ツマミの内部に仕切り板を組んでるので、ツマミのガタも解消。


上下レール、トリガー、グリップはそのまま。
セレクターは、レシーバーのとは別に調合したシルバー吹き付け。
文字やピンモールドには、エナメル艶消し黒で墨入れ。


ボルトカバーやコッキングハンドルは、レシーバーのより明るめのシルバーで。
コッキングハンドルは、凹んだ部分に光硬化パテ盛り付けて整形してから塗装。


延長部分は、かなり念入りに整形したが、近くで見ると接合部がくっきり見えるw。
左右の合わせ目は、上側はそんなに目立たないが


下の方は、ちょっと隙間開いてしまった。


リア延長で、KAC PDWのストックとほぼ同じ長さに。


全長は、約1200mmに。


ストックの錘(鉄の棒)は、安定させる為に後ろ寄りに設置。隙間に錘追加出来そうだが、リアヘビーになるのでそのまま。


フロントに錘追加したせいもあって、スコープ無しでこの位置が重心の中心点。


バイポッド含めた本体の重さ(付属のスコープは無し)。約2564g。銃が安定しない為、左右に倒れないよう上で支えながら量ってるので正確ではないw。


スコープの重さ。このスコープ含めると3kgを余裕で超えるが、その状態でキャリングハンドルだけで持ち上げると、上部レールを固定してるネジが耐え切れずにレールが剥離する(バリっと)。まあ、短い木ネジで数か所留めてるだけなので・・・。接着したらバラせなくなるので、、ネジで留めたまま。まあ、ノーマルは約2kgだし、そこまでしか耐えられない設計なのかも?


フロントの重さ増えたので、構えた時のバランスは良くなった。以前はフロント軽過ぎたので。
ただ、ハンドガン持ちは出来なくなったがw。
リア延長で構えも窮屈じゃなくなったし、かなり良い感じになりました。


ミリブロ、記事投稿時のエディットのデザイン替えたら、すごく操作し辛くなった。
改悪してどうするんだろう・・orz。
YouTubeアイコン追加されたので、動画の貼り付けは、やり易くなったんだろうか・・・?(今までは、埋め込みコードを貼り付け)






同じカテゴリー(M82A1 メタルアウターバレル仕様)の記事画像
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 カスタム
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その3
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その2
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その1
同じカテゴリー(M82A1 メタルアウターバレル仕様)の記事
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 カスタム (2013-10-17 19:50)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その3 (2013-10-05 20:16)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その2 (2013-10-03 18:39)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その1 (2013-10-02 18:28)

Posted by Timm_MK2  at 21:28 │M82A1 メタルアウターバレル仕様