CATEGORY:M82A1 メタルアウターバレル仕様

2013年10月17日

中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 カスタム

中華バレットは軽すぎるので・・・。
アウターバレル内に錘を仕込むべく、9mmアルミパイプをインナーのスリーブにして、板鉛をぐるぐる巻き付け。


アウターバレルの元の重さ(先端のマズルブレーキ含む)


錘込みの重さ。電動のアウターバレルくらいの重さは確保出来たかと。


この中華バレットはフレームがBOYsサイズなので、構えた時に姿勢が窮屈。
なので、ストックだけでも延ばそうと思い

切断しました。


位置がずれないよう、分厚いアルミの板を添え木にして両面テープで固定。そして、裏側にプラ板貼り付け。
長過ぎると見た目のバランス悪くなるので、約38mmほど延長した所で止めておいた。


加工・整形・塗装で4~5日ほど掛かります。
完成状態のお披露目は、来週にでも。






同じカテゴリー(M82A1 メタルアウターバレル仕様)の記事画像
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 塗装
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その3
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その2
中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その1
同じカテゴリー(M82A1 メタルアウターバレル仕様)の記事
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 塗装 (2013-10-23 21:28)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その3 (2013-10-05 20:16)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その2 (2013-10-03 18:39)
 中華エアコキ M82A1メタルアウターバレル仕様 その1 (2013-10-02 18:28)

Posted by Timm_MK2  at 19:50 │M82A1 メタルアウターバレル仕様