CATEGORY:KSC M93RⅡ 07HK ABS

2013年05月25日

KSC M93RⅡ 07HK ABSモデル その2

旧型(右)との比較。
旧型は、ハードキック化されて間もない頃、2000年に購入した物で初めて購入したガスブロ(詳しくは本館のレポ参照。ホムペで一番最初に書いたレポなので、色々拙いですw)。フルオートシアが搭載される前の機種なので、フルオートがしょぼいw(今のレベルでの話。当時は感動モノ)


刻印比較。
旧型はKSCから始まる完全オリジナル。実銃と同じメーカー刻印が使えない苦肉の策w。
新型は、イタリア語か?こちらも実銃刻印とは違うが、雰囲気はかなり良くなってる。
ただ、刻印自体は旧型が打刻っぽくなってるのに対し、新型はCNCフライス盤の細い刃物で彫ったような感じ。
当然、旧型の方が綺麗。


右側面の刻印は、スペルが似たような感じ。ただ、新型はフレームのKSCマークが無い(別な場所に隠れてる)
フォアグリップのベースも、旧型が一体成型なのに対し、新型は別パーツ。
ちなみに、旧型はフレームにPL残ってるが、新型はツールマーク付きで処理済み。


グリップは、旧型の方が艶があって綺麗。
新型は、艶消しというか、表面の印刷モールドがくっきりと見える。
見た目は旧型の方が良いが、実は互換性無いので付け替え出来ない。


空のマガジン(ガスもBB弾も入って無い)含めた重さ。旧型:1037g。


同じく新型:1041g。


本体のみ。旧型:657g。


新型:711g。


空のマガジン。旧型:380g。


同じく新型:330g。

旧型のマガジンは、スチールアウターのおかげもあって重い。
新型は一体成型のダイキャストだが、肉厚薄いのか?かなり軽い。が、本体の重量増もあって、トータルでは旧型より重い。
新型は、ボトムを覆う樹脂が無くなったので、本体装着状態だと下が細くて頼りなく見える。まあ、ロングマガジンでも挿せば印象変わるかも知れないが・・・。



次回は、分解状態での比較。






同じカテゴリー(KSC M93RⅡ 07HK ABS)の記事画像
PC用壁紙
KSC M93RⅡ 07HK カスタム完成
KSC M93RⅡ 07HK カスタム途中経過
KSC M93RⅡ 07HK ABSモデル その3
KSC M93RⅡ 07HK ABSモデル その1
同じカテゴリー(KSC M93RⅡ 07HK ABS)の記事
 PC用壁紙 (2013-06-20 18:52)
 KSC M93RⅡ 07HK 動画 (2013-06-04 21:34)
 KSC M93RⅡ 07HK カスタム完成 (2013-06-02 19:46)
 KSC M93RⅡ 07HK カスタム途中経過 (2013-05-31 20:27)
 KSC M93RⅡ 07HK ABSモデル その3 (2013-05-28 20:18)
 KSC M93RⅡ 07HK ABSモデル その1 (2013-05-22 20:52)

Posted by Timm_MK2  at 20:01 │KSC M93RⅡ 07HK ABS