2013年04月26日

WE-TECH AceVD(SVD) GBB チャンバーパッキン交換

WEドラ子への魔ホップパッキン組み付け。
こちら、ハンドガン用よりも若干ゴム質硬いらしく、WEの長物GBBやVSR-10に向いてるとか。
ただ、組んだのは良いが、ホップダイヤル最大にしても0.25gであまりホップが効かない。

そこで

防振用のゴム買ってきて、切り出してクッションラバーに。

現在、マガジンは元のガスチャージに戻してある。
あまりマガジン温めなくても、2/3くらい回した所で0.25gが丁度良い弾道に。
夏場になれば、更にホップ効くはず。
弾道自体は、かなり遠くまでフラットに飛んで行くが、若干の不安定さが。やはり、ガスだからか?
何度も注入バルブ取り換えるのも面倒なので、もう一つマガジン入手したら、外部エアーソースで外での弾道チェックをしてみたいと思う。

次回は、マルイのハンドガンに魔ホップ組み込み。






同じカテゴリー(SVD GBB)の記事画像
WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その2
WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その1
WE-TECH AceVD(SVD) GBB ボルト仕上げ直し
WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し 続き
WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し
WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 初速安定化への道
同じカテゴリー(SVD GBB)の記事
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その2 (2012-12-25 18:14)
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その1 (2012-12-24 20:15)
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB ボルト仕上げ直し (2012-12-15 12:44)
 WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し 続き (2012-11-20 18:45)
 WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し (2012-11-19 12:54)
 WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 初速安定化への道 (2012-10-30 12:20)

Posted by Timm_MK2  at 18:39 │Comments(12)SVD GBB

この記事へのコメント
はじめまして。古い記事に今更で申し訳ないのですが、質問させてください。
私は先日、we ace vdを中古で購入したのですが、スチールレシーバの塗装がところどころ剥げていて、錆が浮いています。塗装をしてきれいにしたいのですが、こういう場合はやはり錆だけではなく、古い塗装もすべてはがして磨いてから塗装した方がいいのですか?また、お勧めの塗料などあれば教えていたたけませんか?
よろしくお願いします。
Posted by ジェイコ at 2014年01月06日 08:04
ジェイコさん、はじめまして。

スチールレシーバーの塗装って、かなり頑丈なんですけどねー。それが剥げるって、前のオーナーはどんだけサバゲーで酷使したんでしょうw。更に錆とか。
全ての塗装剥がすのは困難でしょうねー。スコープマウントとか、かなり複雑な形状してますし。
ウチのは剥げて無いし再塗装する気無いので一般的な回答になりますが・・・。錆びてる部分をペーパーで落として、塗装の段差もなるべく滑らかになるように仕上げる。で、トイガン用のスプレー塗料で塗装ってのが最も無難な方法でしょうねー。塗装されてる部分と地肌出てる部分で、塗料乾燥時に段差出来るので、再び段差無くなるように磨いて塗装。ちょっと被膜厚くなるのが難点かな?
まあ、面一の部分は全面塗装剥いだ方が、綺麗に仕上がりますね。
塗料に関してはご自分で調べて下さい。私はキャロムのブラックスチールしか使わないし、ブラックスチールはグレーっぽくなるのでドラグノフには合わないと思いますし。
イマイチ役に立たない回答で申し訳ありません。探せばドラグノフに塗装してるブログとかも見付かるかも知れないので、地道に探してみて下さい。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年01月06日 15:26
回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関係のない話ですが、前オーナーはこのブログを参考にしていたようです。ハンドガードのガタつきのなくし方や、ノズル周りとBB弾の干渉の改善方法が全く同じでしたw
いざ内部を弄ろうとしたら、やることが無くて、得した感じとともに、楽しみがなくなってしまった悲しさがありましたw

地道に削って磨いて頑張ります。ありがとうございました!
Posted by ジェイコ at 2014年01月06日 20:12
ジェイコさんこんばんは。

>前オーナーはこのブログを参考にしていたようです

なんと!ガタ解消のみだと他の方のブログにもあったけど、ノズル加工は無いですからねー(あったらごめんw)。
まあ、こんなブログでも役に立ってるなら幸いです^^。

内部パーツはどうでした?もしハンマーやノッカーが亜鉛のままなら、スチールのに替える事をお勧めします(特にバルブノッカーは折れ易い)。
以前は売り切れ続出してたけど、ストライクアームズには在庫あるようです。
しかし、レシーバーがそれでストックは傷とか付いて無いんでしょうかねー?まあ、ある程度傷あった方が、ロシアっぽくて雰囲気出るのかも?
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年01月06日 21:56
こんばんは。
加工のしかたなど、大変わかりやすいブログで、とてもためになります!
内部は加工はしてあるものの、パーツ交換は行っていない模様です。アドバイスありがとうございます。
ハンドガードとストックはブラックの樹脂製なのですが、驚いたことにほとんど傷がありません。レシーバの凸な部分だけ剥げて錆びている状態です。いったいどんな運用をしてきたのか謎の多い子ですw
Posted by ジェイコ at 2014年01月07日 23:34
ジェイコさん、おはようございます。

スチールレシーバーは通常木製ハンドガード&ストックなんですが、前のオーナーはサバゲー用に実用重視に組み上げたようですね。まあ、アルミレシーバーだと酷使に耐えられないって判断したんでしょうか。まあ、良いセレクトだと思いますよ。
木製ハンドガードやストックを別に購入するともう1挺買えちゃうくらいの金額になるので、もし木製ストックに替えたい場合はアルミレシーバー+木製ストックの安いのを探した方が無難ですねー(ヤフオクとかで)。
アルミレシーバーのは丸ごとスペアパーツにするとかw。
リアルなのを望むなら、実銃用を加工して付けるって手も(ヤフオクに、ごくごく稀に出品されます)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年01月08日 08:38
はじめまして。私のドラ子最終弾発射してもボルトストップが効きません
マガジンを装着すると、少しガタがあります。何か良い手立てはないでしょうか?良い方法があればよろしくお願いいたします。
Posted by meihoi at 2014年09月14日 13:56
meihoiさん、はじめまして。

WEのドラ子は、最初出回ったアルミレシーバーバージョンが、ボルトストップが勝手に作動してしまう症状頻発してて、次の生産品(スチールレシーバーやアルミの2ndロット)では、スプリングが強過ぎてボルトストップ掛かりにくくなってます。詳しくは、2012年09月29日の記事をご覧ください(SVD GBBのタグクリックして、その7 ボルトストップ)。

記事を参考に、スプリングを若干弱めなのに変えると、きちんと作動すると思いますので、お試しあれ。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年09月14日 14:52
さっそくのご返事有難うございました。さっそく記事読ませて頂こうとおもいます。丁寧なご回答有難うございました。
Posted by meihoi at 2014年09月15日 12:55
meihoiさん、こんばんは。

WEのドラ子は、リアルさではRSのSVDに及ばないですが、作動や内部機構の再現度は全SVDトイガン中No.1ですからねー。ボルトストップ自力で直すと、ますます愛着湧くと思いますよー。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年09月15日 18:06
こんばんわ、おっしゃるとうりWEのドラ子良いですね重量感といい。ブローバックの迫力、ボルトストップの衝撃すごいです。私はまだエアーガン初心者なので、どの、スプリングが良いのか分かりません(泣)とりあえずマガジンキャッチの両方にアルミテープを貼り付けました。ボルトストップ効くようになりました。本当に有難うございました。又、ほかの銃のことで、分からない事お聞きしてもよろしいでしょうか?でわ、失礼いたします。
Posted by meihoi at 2014年09月16日 21:41
meihoiさん、こんばんは。

初心者さんでしたか。なら、内部機構分解してのパーツ交換は、敷居が高過ぎましたね。スプリングの丁度良い強さとかも、分かり難いでしょうし。

応急処置でも、なんとかボルトストップ効くようになって良かったです。また何か質問あったら、分かる範囲内でお答えしますので。
もっとも、私が持って無い銃に関してはお答えしかねる場合がありますので、ご了承下さいw。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年09月16日 22:27
誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。