2013年04月06日

S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その2

アッパーレシーバー後ろのリリースカバーを前方に押すと、ロックが外れてテイクダウン出来る。
この、ワンタッチで二つ折りに出来るのは実銃通りで、素直に感心。


ボルトカバーを見ると・・・、めっちゃ擦れてるw。この状態では削れないので、バラす事に。
取説には詳しい分解方法載って無いので、ネットで調べてからバラした。


レシーバー後ろに貫通してるボルトがあり、それで木製ストックと連結してる。
上はマイナスで、下はプラスネジ。トリガーガード留めてるネジの一番後ろのネジを外すと、貫通ボルトが上に抜ける。その後、レシーバー&メカBOXがストックから外せる。
外す時はトリガーガードそのままでも大丈夫だったが、取り付ける時にやり辛いので、トリガーガードは外しておいた方が良い。


レシーバーの支点のボルト抜いて上下分離させる。


ついでに、チャンバー取り出し。左右のイモネジ外すだけ。


インナーバレルは左右のイモネジで固定されてるだけ。外して、インナーとチャンバーパッキン引き抜く。
インナーは内部研磨して、チャンバーパッキンはPDIのWチャンバーパッキン:マルイ電動用に交換(以前、雷槌の中身のAPS製電動ガンに組み込んだけど、結局外した物。APS製電動ガンは、純正ノーマルパーツ以外の物を組むと物凄く調子悪くなるという、いわくつきの電動ガン)
組んで見て、ホップの確認にレバー押し下げて見たら、なんか変。ホップの出っ張りが右に傾いてる。チャンバーパッキンはちゃんと組まれてるしインナーも傾いてない。


原因は、ホップ用切欠きのズレ。センターから、物凄く右にズレてる。いくら綺麗に見えてもやはり中華製。必ず不具合があるというw。


やすりでゴリゴリ削って、ホップ用の突起がちゃんと出るように。広げ過ぎた気がしないでもないw。
まあ、その内インナーバレルは交換するつもり。アウターの銃口ギリギリまでインナーきてるので、タニオコバのツイストバレルとか組んだら雰囲気最高になるかも?


バレルはOKとして・・・。本題の、ボルトカバーの方を。
ボルトカバー外すには、メカBOXに組まれてるガイドロッドを外す必要ある。Eリングで前後を留めてるので、後ろ側のEリング外して、ガイドロッドを前に引き抜いてボルトカバー外す。

レシーバー内側と擦れる部分はお互いペーパーで削る。といってもアッパーレシーバーは硬いので表面磨いた程度。ボルトカバーも、ペーパーで磨いたのみで、大幅に削ってない。とにかく、角を落としたり、擦れる部分をペーパーで徹底的に磨いてみる。
ボルトカバーの、メカBOXに擦れる部分の凹凸も徹底的に磨く。
仮組みしたら、最初よりはスムースになったが、依然完全閉鎖には至らない。
で、よ~っく観察してみたら、メカBOXが右に寄ってるように見える。
レシーバーのネジ4本外してメカBOX取り出してみた。


メカBOXのネジ固定部分4か所の内、左前側にはゴミがたっぷりとw。コレのせいでメカBOXが寄ってるのかと思ってゴミ(切削屑)を出したが・・・。あまり変わらず。


他に押されてる部分は・・・あったw。配線が出っ張ってて、レシーバーに組んだ時にコレで右に押されてたようで。保持する部分はギリギリサイズでちょっとでも配線がヨレると盛り上がる。なので、保持部分を深く削って配線が盛り上がらないようにした。

仮組みした結果、今までの渋さが無かったかのようにスムースに。とりあえず、メカBOXの中身チェックは後回しにして組み立てる事に。


外した逆順に組み立てる。


ストックに固定ボルト通す時の注意事項。ストックの穴通して配線後ろまで導くのだが、そのままボルト通すと確実に配線引っ掛ける(実は一度やってしまった・・・)。細いドライバー等で配線寄せてからボルト通すように。


電動ブローバックの動き解説。
電動なので、バレル無くても作動する。コレはボルト前進した状態。


ピストン後退するとブローバックホルダー(APS製電動ガンでのパーツ名称)が押されて、ホルダーの出っ張り介してボルトカバーも一緒に動く。ピストンがある程度後退してからホルダー押すので、射撃時のボルトカバーのストロークはかなり短い。ホルダーはフリーで、ボルトカバーはスプリングの反力で前進する。


こちら、フルストローク。手動で一番後ろまで下げると、メカBOXに付いてる右のレバーでトリガーロック、左のレバーで逆転防止ラッチ解除。一番後ろまで下げた状態では、ボルトハンドルのツマミを動かして固定出来る。実銃のセフティ機構と一緒。実銃はオープンボルト方式なので引いた状態から発射するが、電動ガンはボルトカバー前進させないと発射出来ない。



一応、作動不良は解決した。次回、全体を通してぐるっと解説。






同じカテゴリー(海外製電動ガン)の記事画像
LCT AMD-65 AEG
S&T ARMAMENT PPSH E.B.B ピストン交換
S&T ARMAMENT PPSH E.B.B 接続端子交換
S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その5
S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その4
S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その3
同じカテゴリー(海外製電動ガン)の記事
 LCT AMD-65 AEG (2016-08-14 20:36)
 S&T ARMAMENT PPSH E.B.B ピストン交換 (2013-06-07 21:05)
 S&T ARMAMENT PPSH E.B.B 接続端子交換 (2013-04-13 09:00)
 S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その5 (2013-04-09 07:16)
 S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その4 (2013-04-08 07:16)
 S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その3 (2013-04-07 07:33)

Posted by Timm_MK2  at 12:46 │Comments(2)海外製電動ガン

この記事へのコメント
こんばんは|・ω・)

PPSHとはまた渋いの買いましたね^_^;
戦争のはらわたって映画で有名ですね|・ω・)

しかし小さい割に重いみたいですね^_^;
ARESのを一時期狙いましたが、リポバッテリなんで買うの辞めたのですが、S&Tは安いみたいですしまた気になりますね^_^;
Posted by roadbuster at 2013年04月06日 21:49
roadbusterさん、こんばんは。

最近、ロシアの武器の良さが分かってきたみたいでw。鉄と木の組み合わせが多いし。

硬い材質なのと、メカボの重さかと。リアルソードのドラグノフもメカボの重さもあってずっしりしてたしw。
ガスブロならもっと軽く出来ると思うけど、ドラムマガジンがガス用になったら2kg超えそうな気がww。
ARESのって、リポ専用なんですかねー?S&Tと同じ気がしますが。他のブログとか見たら、ARESのでもスティックバッテリー使ってるし。
S&Tの場合、ショップの充電器・バッテリーセット品は、8.4Vニッケル水素ですよ。この辺は、次回更新時にでも。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年04月06日 22:38
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。