2013年01月29日

WE-TECH M14 GBB チューニング その後

一晩放置したトリガーボックスに全てのパーツを組み込み、コッキングして最大負荷掛かった状態で更に6時間ほど放置。その後、30発ほどセミ・フル交えて試射。
結果、接着した部分の剥離無しを確認(ブラックスチール吹いて若干凹んだので、前の晩に瞬間接着剤で盛り上げ。組み付け前に余分な盛り上がりを削除)


反対側より。こちらから見ても、割れは無し。


トリガーボックスの角がぶつかって、木製ストックの塗装剥げてる。


トリガーボックスは、下側とセフティレバーのグレー塗装落とし、下地出し→ブルーイング処理。
トリガーはそのまま。


(クリックで拡大)
どのくらい作動良くなったのか、実は分かり難い。このM14は機関部がドガシャ!って感じで作動するのでw。
外部エアーソースで0.35MPaでもボルトストップ掛かる。まあ、作動はもっさりしてるけどw。
リコイルの重さはドラ子に及ばないが、フルオートでガチャンガシャンと動くのは、見てて迫力がある。
フルサイズのインナーバレルだが、ドラ子よりは初速出てるし安定もしてる(箱出し状態のドラ子と比較)。

さて、トリガーボックスの補強は別に行わなくてもさほど影響無いw。今まで使ってて作動不良起こらなかったし。
それでも、少しでも不安解消したいって方は、同じように補強してみてはどうでしょう?
もっとも、ドリルやタップ、タップハンドル等の工具を一切持ってない場合は、それらを揃えるのに少々出費が必要になるけど。

工具揃えるのが面倒、あるいは自信無いって方は、補強の依頼受け付けますよー。工賃は応相談。往復の送料は、依頼者が負担(県内在住の場合は、手渡し可)。メールは、本館の掲示板の一番下、「管理者へメール」で。
M14本体ごとじゃなく、トリガーボックスのみだと送料安く済みますので。






同じカテゴリー(WE M14)の記事画像
WE-TECH M14 GBB マガジンキャッチ
WE-TECH M14 GBB チューニング
WE-TECH M14 エアタンクでの燃費測定
コネクティブプラグ自作
同じカテゴリー(WE M14)の記事
 WE-TECH M14 GBB マガジンキャッチ (2013-12-20 13:23)
 WE-TECH M14 GBB チューニング (2013-01-28 19:31)
 WE-TECH M14 エアタンクでの燃費測定 (2012-10-24 18:20)
 コネクティブプラグ自作 (2012-10-23 19:30)

Posted by Timm_MK2  at 18:56 │Comments(2)WE M14

この記事へのコメント
こんばんは。

トゥリガーブロック買えなかったので早速真似してみますねw

というか忙しくてあんまりトイガン弄れない…
Posted by a.z.d at 2013年01月29日 19:48
a.z.dさん、こんばんは。

流通在庫のみなのか、最近はあまり見かけなくなりましたねー、M14用トリガーボックス。以前はヤフオクに溢れてたのにw。
イモネジは、M3だと太すぎてヤヴァイ感じ。M2.6の、長さ8~10mmくらいのが丁度良いかと。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年01月29日 19:52
誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。