CATEGORY:SVD GBB

2012年11月19日

WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し

WEドラ子のガス・レギュレーターの錆が当初からずっと気になってたので、ついに仕上直しを実行しました。


まずは取り出す為に、レギュレーターブロック部分を前方にずらすべく、ピンを抜き取る。
写真のように、右から左へピンポンチで打ち抜き。


前方にずらすと、ガス・ピストン部分が抜き取れる。
この、レギュレーターブロックを外す以外に、アウターバレル外しても同様の事が出来るが、どっちが楽かは説明するまでも無いかとw。


レギュレーターとガス・シリンダー。トイガンでは当然飾り。
当初から錆が浮いてて気になってた。どっちも材質は鉄の削り出し。ガス・シリンダーは地色に多少の表面処理されてるが、小さな赤錆があちこちに。レギュレーターは黒染めされてるのに、茶色い錆が全体にうっすらと浮かんでるし。


ブロック部分からの取り外しは、前方のレバーを押し下げるとロックが外れるので、そのまま左回しで外す。


取り外した状態。


レギュレーター・リングは、そのままするりと抜ける。


ガス・シリンダーを磨く。綺麗に仕上げるにはちょっと磨きが足りない感じだがw。


ガスバーナーで焼く。う~ん、下地磨きが足りないせいか、イマイチ綺麗なヒートブルーにならなかった><。
焼くのは鉄だからこそ出来る芸当で、亜鉛やアルミだと無理。


レギュレーター・リングは、磨いた後スーパーブルーで染める。


組み立て。基本的に分解の逆順。ピン打ち込んでもブロック部分はちょっとグラグラしてる。まあ、アウターバレルとブロック部分の隙間及びピンとアウターバレルの隙間があるせいなんだけど。グラつきあるのでボルト前後に伴うピストンの戦後動で、アルミのピストンがちょっとずつ削れてるんだけど(アウターバレルの、ピストン真下にシルバーの汚れがあるので)
やはり、アウターも鉄にするしかないのかも?


(クリックで拡大)
まあ、一応綺麗に仕上がりました。当初はガス・シリンダー部分がシルバーでアクセントになってたけど、実銃では黒っぽくなってるので(実銃の写真リンク先)。

ヒートブルーとブルーイング。熱処理と薬品処理の違いはあるけど、似たような色合いになりましたw。
でもまあ、綺麗になりすぎてロシアの銃っぽくないですねw。ロシアの実銃は西側諸国のと比べてもかなり汚い荒々しいので。
その内、レシーバーも仕上げ直したいし、アウターバレルも鉄製に・・・。内部パーツはすでに鉄製のが出回ってるので、その内換えます。






同じカテゴリー(SVD GBB)の記事画像
WE-TECH AceVD(SVD) GBB チャンバーパッキン交換
WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その2
WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その1
WE-TECH AceVD(SVD) GBB ボルト仕上げ直し
WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し 続き
WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 初速安定化への道
同じカテゴリー(SVD GBB)の記事
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB チャンバーパッキン交換 (2013-04-26 18:39)
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その2 (2012-12-25 18:14)
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その1 (2012-12-24 20:15)
 WE-TECH AceVD(SVD) GBB ボルト仕上げ直し (2012-12-15 12:44)
 WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 一部お色直し 続き (2012-11-20 18:45)
 WE-TECH ACE VD(SVD) GBB 初速安定化への道 (2012-10-30 12:20)

Posted by Timm_MK2  at 12:54 │SVD GBB