CATEGORY:中華電動

2012年08月03日

中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その3

パーツを購入順&組み込み順で説明していきます。
なお、これらの前に購入したT型コネクタとM16用マウントレール(キャリングハンドルに取り付ける20mmレイル)は含まれてません。


・電動ガン用 ノイズレスシムセット 283円
・SHS ステンレスシリンダー/放熱スロット (250mm以上) 803円
・ライラクス/プロメテウス マルイ電動用ノンライナースプリング/MS90 840円
・SS(Super Shooter) マルイSTD電動ガン用 ステンレス強化ベアリング付スプリングガイド (Ver.2/M4用) 1323円
・SHS 強化カットオフレバー (Ver.2/M4)  378円
・PDI マルイ電動ガン対応 Wホールドチャンバーパッキン 576円
・MAGPUL (PTS / BetaProject) マガジン [グリーンBOX] STD電動M16/M4系対応 EMAGタイプ /75連 840円
・MAGPUL (PTS / BetaProject) マガジン [グリーンBOX] STD電動 M16対応 P-MAG (30連サイズ70連) 1008円
・タニオコバ HOPツイストバレル:マルイ電動 [229mm] MP5系/ヴェータ用  3160円

LAホビーショップから購入。ノイズレスシムセットが取り寄せで、入荷までに結構な日数費やした。
また、Eマグ2個注文したら1個しか在庫無いとの事で、Pマグ追加。


セレクタープレートは取り外さなくても問題無いのだが、動きが粘っこいw。見える部分のグリス拭き取っても全く変わらないので、なんとか取り外したい。


しかし、セフティレバー(で良いのかな?)は軸をカシメてて、取り外せないようになってる。でも、コレ外さないとセレクタープレート外せないので・・・


カシメてる部分、切り離し。まあ、後からネジ留めすれば良いし。
プレート裏側には、ネバネバグリスがたっぷりw。

メカボ内のも含め、これら不要なグリスは完璧に拭き取りました。替わりに別なグリス塗布。


ツイストバレル。実物は5.56mmという設定なので、6mmのライフリングバレルは凄くリアル。
・・・5.56mmで良いのかな?(この銃の設定、あまり詳しくないので。未来においても5.56X45使ってるのかどうか)

別ショップにて追加購入したパーツ類。
・SHS ベアリング軸受け/7mm (6個入)[SH-ZT-B7]       690 円 x  1 個       690 円
・SHS オフセットリングマウント (20mmレイル用)[SH-WM-MR-01]       880 円 x  1 個       880 円
・SHS パラコードスリングマウント (20mmレイル用)[SH-WM-SM-01]       480 円 x  1 個       480 円
・SHS 強化接点スイッチセット (Ver.2/M4)[SH-NB-SW-V2]       480 円 x  1 個       480 円
・STAR M4/M16用フラッシュハイダー TAC (14mm逆ネジ)[M4-20N]     1,980 円 x  1 個     1,980 円

購入は、萌えみり屋。なぜかサイトが見れなくなってるけど(本業は他にあるのでそっちが忙しいのかも?)。
同時注文のStarkArms GLOCK 50連ロングマガジンは、写真には写ってません(7/28分の記事参照)。


カットオフレバー(スチール)・強化接点スイッチ・7mmボールベアリング組み込んだ状態。
スイッチはハンダ接続されてるコードを取り外し、再び交換したスイッチにハンダ付けするというもの。
古いハンダはくっ付かないので、ホームセンターまで車を走らせて、フラックスと新しいハンダ買ってきました。
ベアリングはきつかったので、7mmドリルでグリグリとw。


それぞれのパーツ比較。
インナーバレルは、アウター延長して257mmのを取り付ける予定だったが、LAで1.5in エクステンションバレルの在庫無い(問屋にも)との事で、229mmに変更。マズルアダプターとフラッシュハイダーで丁度隠れる長さ。
純正スプリングは短くて太い。ただ、この短さは、組み立てる時に楽。
インナーバレルの長さを考慮して、加速シリンダーを注文。メカボ取り付けはちょっときつかった。
リコイルスプリングガイド、ベアリング付きのにしたのは過去のカスタム例(AK47とMP44、いずれもVer.3メカボ)では好感触だったので。


スプリングが長くなって、組み難くなった。しかし、これを組めば完璧なカスタムなるはず・・・。
そう思い込んでた時期がありましたorz。←この先の記事で明らかに。


組みあがったメカボ。
グリス、かなり薄く塗ったので、写真だと分かり辛いかも?


ブローバックパーツにボルトカバー取り付け。

さて、作動確認にはモーター取り付けないといけないのだが、それにはまずグリップ付ける必要がある。
この辺、Ver.2メカボはかなり面倒くさい。まあ、そうは言っても組まない事には確認出来ないので、フレームに組んでグリップ・モーター取り付ける。
で、バッテリー繋いで動かす。

バタタタタ・・・・。うん、調子よくボルトカバー動いてる。セミもフルも絶好調。
これなら大丈夫だと、全部組み立てる。
そして何度か空撃ちしてたら・・・、悲劇は起きた!
・・・続きは次回にてw。


(ネタバレ)
coming soon...






同じカテゴリー(中華電動)の記事画像
中華電動ガン 雷槌 SBD組み込み
M1918A2 BAR
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その6
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その5
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その4
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その2
同じカテゴリー(中華電動)の記事
 中華電動ガン 雷槌 SBD組み込み (2017-03-30 19:48)
 M1918A2 BAR (2012-08-24 20:07)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その6 (2012-08-06 12:15)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その5 (2012-08-05 12:12)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その4 (2012-08-04 09:02)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その3.5 (2012-08-03 12:34)

Posted by Timm_MK2  at 12:04 │中華電動