CATEGORY:中華電動

2012年08月02日

中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その2

前の記事で、「次回からカスタムパーツ交えて・・・」と書いたが、それはこの次になりそうです。
まだその前段階、というか、メカボ取り外すまでが結構手間掛かってたので、その辺を。


バッテリーはイーグルフォース。勿論純正じゃなく、前のオーナーが交換した物。
ご丁寧にT型コネクタに換装してらっしゃるけど、ウチの充電器(マルイのラージバッテリー用。ミニ用コネクタも完備)じゃ、コネクタ合わない。なので、後日、25kmほど離れた模型店まで車でT型コネクタ買いに行く事に・・・(ホームセンターには無かった)。


ガワ取り外し。ABS樹脂のモナカ構造。


あちこちに、削り取った跡が。おそらく、グラインダーのような電動工具でガリガリやったんじゃないかと。中身の電動ガンに合わせる為に、前のオーナーがやったんでしょうねー。
それでも、部分的に浮いてる所あったりするので、完璧フィットじゃないようです。


その、中身の電動ガンの刻印。APSというメーカー製だというのが分かる。


アッパーレシーバー取り外し。前のピン抜いて前進させればOK。上下分割メカボじゃないので、実銃のようなテイクダウンは出来ない。
メカボはスリットが多く、ピストンの位置も確認できる。後退した状態でバッテリー切れたようだw(おそらく、フルオートで撃ってる最中に)。
ピストン連動のボルトカバーも、後退した位置で止まってる。


モーターは、マルイのEG-3000。バッテリーとモーターだけでも得した気分になれるw。


グリップ取り外し。ねちゃ~っとしたグリスが><。
ver.2メカボの関係上、モーター組んで作動確認するのに、いちいちグリップ付けなきゃならない。何度も分解・組み立て繰り返す内にネジ山がバカになり、グリップ留まらなくなった。まあ、後で長いネジにして、なんとか留まるようになったが。


メカボを取り出す時に悩んだのが、コレ。ボルトストップとマガジンキャッチガイドが干渉してて、メカボを上に引っ張り出せない。ボルトカバーは後退させた状態で、ボルトストップ引っ張れば後退した位置で止めれる。が、雷鎚のガワが邪魔してボルトストップに触れない。なので、取ってしまっても問題ないのだが・・・。


ロールピンが、どうやっても抜けない。レシーバーはアルミなので、マルイ純正(スタンダード電動の場合)のようなプラと違ってかなり固い。いつも使ってる真鍮釘(ピンポンチの代用。各種サイズあり)じゃあ、曲がるだけだった。


仕方ないので、ボルトストップは抜かずに、引っ掛かってる部分を曲げてなんとかメカボ取り出し。


でも、後から気が付いたんだけど、後ろから抜けばボルトストップそのままで大丈夫だったorz。
角が干渉するので、フレーム側を削って分解・組み立てしやすいように加工。

という訳で、無事(?)メカボ取り出し。メカボのネジは全て+ネジなので、そのままドライバーで外す。


パカッと開けると・・・・。グリスたっぷりw。しかも、このネバネバグリス、ピストンのOリングにもばっちり付いてました。
どうりで、ピストンの動きが変に感じた訳だ(バラす前にバッテリー充電して、動作チェックした)。

最初、ガワのみWAのM4に移植しようと思ってたけど、電動ブローバックでボルトカバーがバタバタ動くのが面白くて、このまま電動中身でいこうかと。で、カスタムパーツを取り寄せました。
まあ、フルオートメインで使う場合、WAのM4はすぐ息切れ起こしちゃうので。

※WAのマグナブローバックの構造上、フルオートだと冷えが早い。バルブロック機構の構造上、開放時間が長い為。セミなら強烈なブローバック味わえても、フルだとあっという間に冷えてガス圧低下の原因に。ボルトがある程度後退しないとロックが解除されない為、フルオートだとバルブ閉じてる時間よりも開いてる時間の方が多い。
これがWEのようなハンマー連動型バルブロック機構だと(ハンマーがフルコックされると、バルブロックが解除される)、バルブ閉じてる時間が長い為、ガス圧が回復する。WEは大口径ピストンと重いボルトで一気に勢い良く作動させてるので。
もっとも、、周りの気温と連射の程度にもよるので、M4マガジンのような気化容量少ないマガジンだと、すぐ生ガス噴くけど。WAのマガジンは気化容量が大きいので、真夏のように気温高い時期なら、フルオートもそれなりに撃てるようになる。

さて、次回からは、カスタムパーツを購入&組み込み順で説明して行きます。

coming soon...





同じカテゴリー(中華電動)の記事画像
中華電動ガン 雷槌 SBD組み込み
M1918A2 BAR
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その6
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その5
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その4
中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その3
同じカテゴリー(中華電動)の記事
 中華電動ガン 雷槌 SBD組み込み (2017-03-30 19:48)
 M1918A2 BAR (2012-08-24 20:07)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その6 (2012-08-06 12:15)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その5 (2012-08-05 12:12)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その4 (2012-08-04 09:02)
 中華電動 〇六式 中短距離制圧火器「雷鎚」 その3.5 (2012-08-03 12:34)

Posted by Timm_MK2  at 13:55 │中華電動

COMMENT
昔、買い損なった功殻のペーパームーン製セブロを思い出す形状www

海外製のコピー品が在るのは知りませんでしたが色々苦労されているようで羨ましいですw


タカラの1/6クールガールの草薙素子に付いてきたミニチュア銃なら在りますが

やはり実物大のが欲しいですね。
Posted by A.Z.D at 2012年08月02日 14:16
私もヤフオクで約1年前に知ったので・・・。2007年頃に大量に出回ってたらしいです。
今でもたまに出品されてたりしますが、かなりの値段まで上がりますねー。
まあ、帰省した際には、実物お見せしますので^^。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2012年08月02日 18:58