2017年09月12日

VFC Avalon Leopard CQB AEG (Red) フォアグリップ 続き

ヴァーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)の役目を、完全に勘違いしてました。
フォアグリップの前に付けてガードの役目するものと思ってましたね。

フォアグリップのみ付けて左手で握ると、親指が安定しない。そこで、付属のキーモッドレイルを左側面に付けたら、良い感じに固定出来る。で、考えて、あれ?ココにVTS付けたら良いんじゃね?と。そういえば、アマゾンレビューでもこの位置にVTS付けてたっけ。



フォアグリップを指4本で覆うように握り込んで



親指でVTSを押さえ付ける感じ。こうすると、銃のフロントがもの凄く安定する。フルオート時の強烈なリコイルを制御出来るようになります。
・・・まあ、スタンダート電動なので、ほとんど意味ないけど。次世代や、ガスブロならかなり効果ありそう。



ついでなので、反対側にもレイル取り付け。今の所、こちら側に付けるアクセサリーの予定無し。



という訳で、今度こそ完成形に。
横の出っ張り量増えたけど、蓋を無理やり閉じる感じでケースになんとか収まる。
内部スポンジへの負担が大きいので、長期保存時にはVTS外した方が良さそう。
まあ、お気に入りなので、暫くはケースから出して手元に置いときますけどね。



この銃、ピストンヘッドがアルミな所為か、フルオート時には結構震動する。
で、空撃ちで感触楽しんでたら、イモネジがポロッと。
どうやら、このマガジンキャッチのイモネジらしく、緩く入れてフルオートで撃つと、ちょっとずつ緩んで飛び出して来る。
知らずに外で撃ってたら、イモネジ行方不明になる所だった・・・。ネジロック付けて、しっかり締めておきました。
フルオート時の震動はそこそこあるので、ネジ類はしっかり締めておく必要ありますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:51Comments(0)Avalon Leopard AEG