2017年04月21日

VFC SR25 KAC MK11 MOD0 GBB Rifle DX 内部チェック

SR25 GBBは作動面で特に問題無かったので、フレーム内部メカのチェックはして無かったが。
G28 GBBの内部調整した件もあって、SR25もチェックしてみようかと。


まずは、上下分離。ついでに


G28と比較。
それぞれ単体で手に取ると、G28とSR25が同じ7.62mm用とは思えないくらい、ボリュームが違う。
そこで、比較してみる事に。
G28はアッパーのボリュームが凄いが、ロアーはSR25とあまり変わらないサイズ。



 
縦長で大きめ画像で。
内部メカがあるフレーム幅はほぼ同じだが、マガジンが入る部分は、やはりG28が大きい。
フレーム後半の肉厚はSR25の方が多いような。
フレーム自体HK417と共通化されてるG28と、専用設計のSR25の違いなのかも。



(クリック拡大)
パーツが確認しやすいように、大きめ画像で。
ディスコネクターの形状が大幅に違う。G28はハンマーと同じような造りで、SR25は厚い鋼板のプレス打ち抜き。
使われてるグリスも、G28は黄色っぽく、SR25は黒っぽい。
ハンマースプリングは、G28が強すぎたので弱体化。今はSR25より若干弱め。
ディスコネクターの厚さによるのか、トリガー引いてハンマーコッキングした時の抵抗(ディスコネクターにハンマーが掛かる抵抗)は、G28が結構きつめでSR25は軽め。



SR25からハンマー取り出し。
G28と違い、ピンはどちら側にも抜ける。ただ、左の方が溝多いので、左に抜いた方が良さそう(この時は右に抜いた)
G28同様、ピンの溝にC形状のスプリング噛んでるので、ピンポンチ当ててプラハンマーで叩き出す。



G28とハンマー比較。
基本同じだけど、SR25は押し出し跡が目立つ。あと、ヒケもある。
材質や製法は同じらしいが、製造個体差だろうか?



トリガー外す時に邪魔になるセレクター軸、まずグリップ固定ネジ緩めてプランジャー引っ込ませる。



ディスコネクターもちょっと引っ掛かるので、手前に押して(セレクターに当たってる部分を下げて)セレクター引き抜く。



ハンマーピン同様、トリガーピン抜く。
ピンはハンマーピンと同じ物。
ディスコネクター用スプリングが、ちょっと斜めに組まれてた。



トリガーはスチール素材。同社M4用純正パーツと同じ物らしい。
同じスチールでも硬さが違うのか、ハンマーのノッチが当たった跡が付いてる。
あまり撃ってないので(去年の秋に購入)、他の人がVFC M4 GBBで体験してるほど、削れてない。



このトリガーは、オラガバニストさんとこで2017年04月15日の記事に取り上げられてたスチールトリガーと同じ物かと。
付属のディスコネクターだと、一番前にスプリング入れると丁度良い。



トリガーとハンマーの関係。
ハンマーのノッチは若干鋭角で、この状態で面じゃなく線接触してる(トリガー削れる原因の一つ)
また、G28の亜鉛トリガーと比べて、ハンマー掛かる部分の幅が狭い。
まあ、幅が違うから、トリガーの重さも違うのかも。幅広いとそれだけ抵抗大きいので、G28のトリガーは重いのでは。
SR25のトリガープルはG28より軽く、他の長物GBBと変わらない重さ。



ハンマーのノッチ部分は若干鋭角だが、G28のより仕上げは良い。
あちらは、お世辞にも良い仕上げとは言えなかった。
この後、若干先端丸くなるよう加工しました。



トリガーに僅かに残ったPL。
どちらも磁石がくっ付くとはいえ、製法が同じとは限らない。トリガーはキャスティング、ハンマーは焼結なんじゃないかと推測。VFCの工場見た事無いので、実際にどういう製法なのかは不明だが。
少なくとも、塊からの削り出しではない。その製法による材質硬度の違いが、使用する度に一方的に削れていく原因なんじゃないかと。
トリガーは消耗品扱い?



パーツ組み上げてから、作動チェック。アッパー組んでから不具合発生したら、パーツが大幅破損する可能性あるので、組む前のチェックは重要。

トリガーは、以前よりも更にキレが良くなった(気がする)。スプリング類はそのまま。
この銃は夏の猛暑はまだ未経験なので、どれほどの撃ち応えになるやら・・・。でもまあ、夏は苦手ですけどね。ガスブロにとっては良くても、パソコンや人に優しくないし(特にここ数年は暑過ぎ)
  


Posted by Timm_MK2  at 19:50VFC SR25 GBB