2017年04月11日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け

バレットのスコープと言えばリューポルド。それも10倍は欲しい。
という事で、

リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

をチョイス。付属のマウントリングは勿論使用する。
同時購入したM4タイプには付いて無かったレンズ保護キャップが付属。
あっちは、フードが斜めだから付属しなかったのかも?
どっちにしろ、コレ付けたまま覗くと若干解像度下がるし、付けたままだとゴム紐伸びるので、その内バトラーキャップに付け替える予定。



マウントリング・保護キャップ込みの重さは676g。
銃本体に装着した場合の総重量は7875g。重い・・・。



(クリック拡大)
スコープ装着したM82A1 AEG。
昔、三沢基地航空祭で見た光景が蘇ってきます。



(クリック拡大)
こうやって、スコープ付けた事で、しっかり狙えるようになった。
実際に持ち上げてスコープ覗いた感想は

でかい!重い!!冷たい!?

レイルが低めなので、スコープ覗くのに頬をレシーバーにべったりくっ付ける必要ある。
その際、気温が低めだと、とにかく頬が冷たい。今までは樹脂ストックだったり木製ストックだったり合皮のチークパッドだったりしてたので、金属に直接触れる事は無かった。
これ、夏場に外に放置すると、冷たいが熱いに変わりそう・・・。夏場は火傷注意!?




 
対物レンズ径40mmだが、チューブ径が30mmなので十分明るい。
表面には、コーティング施されてるのかも?



マウントリングの本体への取り付けは、工具使わず素手で回すだけ。それでも十分しっかり固定出来る。



(クリック拡大)
MG34、MG42と。
これらも長くて重いが、バレットはそれを上回る。



(クリック拡大)
MSR338と。
単独では結構長く感じるMSR338も、M82A1と比べると短く感じる。



MSR338のスコープは6-24x50。チューブ径が1インチ(25.4mm)なので



対物レンズが余計に大きく見える。



(クリック拡大)
エアコキバレットと。



エアコキに搭載されてるのは、昔買った3-9x40のスコープ。この、3-9倍というのは、現在出回ってるトイガン用ズームスコープでは最も多い倍率。
昔はレティクル発光機能搭載されてるのは少なかったので、こちらも発光しない。



1/6、1/12と。



ハリケーンのキットのボルトハンドルは、1/6の方に近い。比較的古いタイプ。



(クリック拡大)
バイポッド最大に伸ばした状態。
細くて頼りなく見えるが、一応スチール製なので、トイガン用途では問題無い強度。
実銃だと、撃った時の衝撃で曲がりそうな気もするけど。



バイポッドは90度ずつの角度で固定出来る。後ろにも折り畳めるが、マガジンウェルに軽く当たる。



(クリック拡大)
スコープをSR25に装着。
中々似合ってる。しかもM82A1よりも狙いやすい。



リューポルドとSR25の組み合わせは、昔なら鉄板だった。
今は色んな光学機器があるので、組み合わせも様々。



このスコープは元々M82A1用に購入した物なので、この後外しました。
まあ、その内、コイツに相応しいのを買う予定。



(クリック拡大)
締めは、重量級同士で。
重さと言う点では、M134ミニガンが手持ちでは最強。


スコープは安物レプリカだけど、意外と良い出来。電動だし、用途考えたら十分な倍率。
まあ、お座敷だと3.5倍しか使わなそうだけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:53光学サイトHurricanE M82A1