2017年04月07日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited マガジン

 
マガジン底の樹脂プレート引き抜くと、中身が下に抜き取れる。
ネジ留めとかはされてない。
ただ、抜く途中でリップが引っ掛かり、浮いてくる。



リップ外して中身取り出し。
フォロアー及びフォロアースプリングが飛び出すので注意。
角度によってはフォロアー連動パーツも落ちるので、紛失にも注意。
抜いてる時は結構きつめで、カートシール貼り付けたら挿し込めないんじゃないかって不安になる。



中身の前方上側には、ゴム板が貼り付けてあった。これもきつかった原因の一つ。ガタ防止用か?
BB弾入れる部分は分割されてて、ネジ留めとかも無し。
ダミーカートシールは前方部分が無いようだが、ここが分割されてるのでシール貼れないのかも?



内部に残ったリップ部分。
組み立て時は内部パーツをそのまま挿し込めば、リップが綺麗に嵌る。
この樹脂外装は、電動ガンのと共通な気がする。その内買ってみて(飾り用に)、比較してみたい。



リアルカウントにする為か、嵩上げ用樹脂が入ってる。



外せば30発以上入りそうだが、最終弾でフォロアースプリングのテンションが足りなくなり、ボルトストップ機能しない可能性も。
メーカーの方で、このパーツ外した時用の長いフォロアースプリングも添付して欲しかった。



切替ツマミの出っ張りはフォロアー連動パーツの溝に入ってるので、そのままだと動かせない。
後ろのパーツを押し下げて、出っ張りと溝を離す必要ある(押し下げずに無理に動かすと、破損する)



結局、リアルカウント用の樹脂入れたままで組み立て。
フォロアースプリング強めなのは、その所為かと。
それでも、組むとフォロアーの上がりがちょっと足りない気がしたので



下側削ってスリムにし、ちょっとだけ上がるように。



それでもリップ組むとそこに当たってボルトストップ押し上げる部分に遊びが多い。
フォロアー先端削って少し上がるようにしたが、遊びは残ってる。



この、押し上げるパーツが、まだ少しプラプラしてる。
まあ、加工前でも普通にマガジンエンプティでボルトストップ作動してたので、この加工は蛇足だったかも?



マガジンガスケット押さえるネジの一つが出っ張ってて、内部でロックするようになってる。
ただ、組み立て時にまともに当たる所為か、最初から削れてた。
ちょっとの部分なので、注視しない限り気にならないけど。


スペアマガジンも揃えたいが、スコープも買わなきゃだし、まだまだお金掛かるようです。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:49UMAREX G28 DMR