2017年04月06日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 内部チェック&実射

リアのフレームピンを抜き、テイクダウン。
レイルハンドガードにフォアグリップ付けた状態だとこのように開けないが、それらを外した状態なので90度まで開けられる。



ボルトキャリアーの造形は、かなりリアル。
材質は亜鉛ダイキャストっぽい。おそらく、HK417と共通なのでは。
SR25のようにウェイトも入れてないし、ハンマー当たる部分のバタフライ状のスチールパーツも無し。



重さは271g。
SR25(ボルトキャリアーはアルミ)より重い。



ガスルートには、なぜか左右の仕切りが。



ローディングノズル上部には、「HK417/SR25」の刻印有り。
SR25のには、ガスルートの左右仕切りは無かったので、最近になって仕様変更したんだろうか?



ノズルストッパー兼ボルトキャッチ受け部分は、スチールパーツ。
ローディングノズルが前後する部分には、かなりの削りカスが付着してた。



レシーバー側。
SR25のような軟質樹脂は入って無い。それでいて組むと全くガタが無いので、上下レシーバーの合わせ目やピン穴の位置・大きさの精度がもの凄く高いのかも。
ディスコネコターの形状は、SR25より厚め。内部パーツはHK417と共通?



ハンマー、ディスコネクター、セレクター軸、ファイアリングピン(バルブノッカー)、ボルトストップ、フィアリングピンロッカーは、それぞれスチール製。トリガーとマガジンキャッチは亜鉛ダイキャスト。但し、マガジンキャッチボタンはスチール製。
内部パーツには、必要十分なグリスが塗られてる。



アルミバッファー。
バッファーチューブナットとスリングスイベルはスチール製。



リコイルスプリングは長くて、しかもかなり強め。
ハンマースプリングも強めだったし、もしかすると、日本向けと言ってもスプリング類はそのままで、パワーだけ下げてるのかも?
もっとも、海外では134a使わずTOPガスかグリーンガスなので、134aに合わせたフローティングバルブスプリングに替えてる可能性も。
バッファーもHK417と同じか?SR25のようなスペシャルな造りでは無い。



抜く時にハンマーで叩く必要あったレシーバーピンは、なんとか指で押し込む事が出来る。
ただ、ここからかなりきつく、えいやっと力込めてやっと。
嵌めてしまった後に抜く時はやはりきつく、ピンポンチ当てて押すだけではびくともせず、ハンマーで叩き出す必要あるが。



気温23℃、SⅡS 0.2gBB弾使った初速。
ちょっと低め。

この後、弾道チェックの為に外の林に向かって実射。
ホップは最弱からちょっとだけプラス側に回してる。レイルハンドガード外したままなので、回しやすい。
1発目。なんかリコイル軽い。しかも弾が見えない。
2発目で、なぜか2発同時発射。
3発目は1発目同様、リコイル軽めで弾が出ない。
4発目も2発同時発射。

そうやってマガジン内の10発を、2回に1回ずつ、2発同時発射で終了。
マガジン内に問題でもあるのかと、バラしてみたが問題発見できず。
ノズル内部のフローティングバルブの動きが悪いのかも?と、ボルト取り出して先端から六角レンチ挿し込んで、右に回したり左に回したりしてみたが、やはり2発同時発射は度々起こる。

何度か分解繰り返して、他に気になる部分が。



ノズル前端にちょっとした潰れが。
チャンバー閉じた時にどこかに当たってるのか?



チャンバー見てみると、バリが確認出来る。
上下くっ付いたままだと作業し辛いので



フロントのレシーバーピン外す。
こっちはリアほどきつくなかった。
ちなみに、バレル根元の大きなバレルナットは、アウターバレル同様アルミ。
SR25と比較してアルミパーツが多いが、全体の体積が大きいので、それなりの重量になってるようだ。



チャンバー見やすい状態で初めて気が付いた、BB弾の詰まり。
撃った後ホールドオープンしたので、弾は入って無いと思い込んでた。
ピンポンチでBB弾押して見たが、かなりきつい。
ああ、これが2発同時発射の原因かと。



取説によると、上に回すとホップが弱くなる。
この時、樹脂パーツは後ろに下がる。
説明書に従って最弱まで回して見た時の



ホップの出っ張り状態。
これが最弱!?最強の間違いでは。



取説では、ホップ最強になるような位置に回して見る。
樹脂パーツは前に動く。



ホップ全く出っ張ってないんだけど・・・。

つまり、取説のホップ調整は、真逆

一応、チャンバーのバリは削っておいたが、ノズル当たってた訳では無かった。単にBB弾に当たって潰れてた可能性も。
マガジンはリアルカウントで20発までで、しかもかなりフォロアースプリング強い。最初、20発入れてたので、その所為かも。



組み立てて、ホップは最弱(説明書では最強)からちょっとだけ強い方に回しておく。
0.2gでの初速は、こちら。ノズル先端のイモネジあれこれ弄った後。
マガジンはケースから取り出してちょっとだけ温めておいた。それでも30℃は無いので、再びボルト取り出して、右に少し回しておく。これで少しは下がるはず(SR25の初速調整記事参照)。

ちなみに、ホップ最弱にしても、0.2gだと20m超えてから上昇する。チャンバーばらして調整するか、あるいは0.25g以上の弾使うようにするのがベターかな?



ホップ最強状態では弾が出なかったり次弾が2発同時だったりしてたが、適正ホップだと、ちゃんと1発ずつ出るようになった。
マガジンには10発ずつ入れてたが、最終弾でホールドオープン。ただ、やはり燃費が悪い。ガス消費量は、長物GBBの中でも多い方の部類に属するかも。
気温が25℃無い状態なのと、マガジンが温めにくい所為もあって、以前SR25撃った時よりリコイルはマイルド。というかボルトの後退速度がSR25より遅い感じがする。戻りは結構早いが。
それでも、迫力あるブローバックとボルト閉鎖時のキーンという金属音は、中々に心地良い。夏場の30℃オーバーでの射撃が楽しみだ。



ちょっと長くなったので、マガジンに関しては次回で。
ちなみに、何度もテイクダンしてレシーバーピン抜き差ししたからか、ちょっとだけ抜きやすくなった。
といってもハンマーで叩かなくても良くなった程度で、力一杯押し込むのは変わらない。
アッパーレシーバー側は結構分厚い塗装されてて、一見プラっぽく見える。その塗装の所為もあってきついのかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 08:15UMAREX G28 DMR