2017年04月05日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 各部チェック 2

取説開封。
SR25のような特別な感じじゃ無く、通常のVFCマニュアルと言った感じ。
UMAREX MP5K同様、4ヶ国語で書かれてる。
ENー英語、Dードイツ語、FRーフランス語、ESースペイン語
以上で間違いなかったかな?UMAREXが主に商品展開してる国優先なんだろうか・・・?
日本も結構市場が大きい気がするが、これら4ヶ国に比べたらまだまだなのかも?(まあ、ヨーロッパ諸国と比べてトイガン規制が一番厳しいし)



このページはホップ調整方法及びサイティング方法、前後サイトの説明など。
ホップ調整は、細い棒状の物をガスレギュレーターの穴に入れて、上下に動かす。上に動かすとホップが弱く、下に動かすとホップが強くなる。
リアサイトの左右調整は載ってるが、上下に関しては触れて無い。



リアサイト内部にスプリング見えてたので、試しに引っ張り上げてみたら、引っ張って回す事で上下調整出来る事に気付いた。



引っ張り上げて右に回すとダウン、左に回すとアップ。形状の関係で、半回転毎でしか調整出来ない。
左右は1/4回転ずつ。



チャージングハンドルは前後にガタあるが、これは構造上仕方ないとも言える。



マガジンには僅かにガス入ってて、試しに1発だけ空撃ち出来たが、ほとんど空に近い状態。
樹脂外装のおかげで、大きさの割に軽め(WAM4マガジンより軽い)



海外仕様のチャージバルブでも、なんとか注入できる。
約20gほど入ったが、この後マガジンにBB弾10発込めて撃ってみたが、生ガス噴かずに普通に作動。
気温は20℃ちょい。
ガス容量はかなり多そうだ。
気温のおかげで強烈!といったリコイルでは無かったが、この重い銃全体が震えるほどの、重いリコイル。
ドカッという発射後にキーンという金属音も。



こんな所にもシリアルナンバーらしき物が。レシーバー横に書かれてた(244-001008)のとは違うが、どっちが正しいシリアルナンバーなんだろうか・・・?
ウチ以外でレビューしてるブログ見かけないので、現時点では不明。



レイルハンドガード横にある、目立つネジ。
これら2本を外してみたら



レイルハンドガード一式がすっぽり抜けた。
特にきつくなく、するりと外せる。かといって、装着状態では全くガタが無く、工作精度の高さが伺える。



この状態でも普通に撃てる。
フロントサイトが無いので、光学サイト必須になるが。
フロントが軽くなるし、スパルタンな印象受ける。
この状態で、マガジン抜いて量ってみたが、3kgをちょっとオーバーした(白いキッチンスケールは3kgまで)



レイルハンドガード一式は、1300g。
本体が3kgちょいでマガジンが450gだとして、全部足すと4.8kg前後の重さがある計算に。
更にスコープ載せると5kgオーバー。実銃なら重い方が射撃時に安定するが、サバゲー等で走り回るには、ちょっと厳しい重さと言えるかも?まあ、電動も似たような重さだが(マガジンがちょっと軽いくらいか?)



レイルハンドガードはスタンドアローン可。中身無いけど。
これだけで見ると、ロボットアニメのビーム砲のようでもある。あるいは、レールガンか。



ショートストロークガスピストン(以下、SSGP)は、実銃の形状を素晴らしく再現してる。



しかも動く。
まあ、動かせるってだけで、ボルト前後と連動してる訳ではないけど。



内部に伸びてるロッド部分は、チャーハン貫通してる。チャーハンにガタあるのは、このように実銃の構造を忠実に再現した結果とも言える。



SSGP自体はスチール製。



フラッシュハイダーはスチール削り出し。
アウターバレルはアルミ。



ホップ調整は、ブロック前方のガスレギュレーター部分を回して行う。
下に回す(上から見て右回転)と、樹脂パーツが前方に移動。
上に回す(上から見て左回転)と、樹脂パーツが後方に移動。
取説によると、下に回すとホップが強くなるようだが、樹脂パーツ前方に動いてるって事はチャンバーのホップ調整パーツ緩めてないか?
後方に移動する事でホップ調整パーツが押されて、ホップが強くなるのでは?取説だと、後方移動で弱くなる。
この辺の真偽は、後ほど実射編で。



レシーバーピンはめっちゃ固く、ピンポンチ当ててプラハンマーでガシガシ叩いてやっと抜ける。



次回、分解して内部チェック及び実射編。
  


Posted by Timm_MK2  at 17:38Comments(6)UMAREX G28 DMR