2017年03月20日

AGM M1カービン エアコッキング フェイクウッド スリング他

部屋の中に転がってた安物スリングを、エアコキのM1カービンに取り付けてみました。
おそらく、AGM MP44に付属してた物じゃないかと。
電動に付属の物なので、エアコキ(M1カービン)付属のよりはマシな造り。



現物のM1カービンはオイラー缶にスリング絡めてるが、無いので真鍮棒を。
固定はストック貼り合わせ用のネジ。
スリングのみで持ち上げてみたが、壊れる気配は無し。
フロントも同様にフックで取り付けてるが、フロントのスイベルは結構頑丈なので、不安感無い。



テカテカのプラ丸出しストックが気に入らないので、粗めのナイロン研磨材で擦って艶消したら良い感じに。



手持ちの木製ストックのエアソフトガン(M1903)に近い光沢。



研磨材で擦ったきっかけは、上面のハンドガードの照り返しが気になってて。
試しに擦って艶消したら良い感じに仕上がったので、全体を磨いてみた次第。



アウターバレルの樹脂パーツ部分のPLも気になってたので、円周に沿って磨き上げ。



あと、両手で構えるとフロントの軽さが際立つので、ストックの隙間に釣り用20号錘を6個入れてみた。勿論そのままだと入らないので、ハンマーで叩いて潰したり鋸でカットしたり。
部分的に板鉛も少々。



インナーに鉛板巻き付けたので、黒のビニールテープよりは金属っぽく見える。



マガジン、スリング込みで約2.4kgまでアップ。内部にはまだまだ隙間があるので、もうちょっと増やして実銃並みの重さ(2.49kg)にする事も可能。マガジンがちょっと軽めだが、そっちに錘入れるとマガジンキャッチに対して負荷が増えるので、現状維持。
構えるとフロントの重さがアップした分、安定感がかなり増した。
ただ、コッキング時にバットプレートが滑りやすいので、見た目気にしなければゴム板でも張り付けておけば良いかも。



重さ・外観共にモデルガンに近づいた気がする。モデルガン持ってないので、これでも十分満足。
まあ、いくら外観がリアルでも、中身はエアコキなのでまるで別物なんですけどね。BB弾発射を目的とした遊戯銃(玩具)な訳だし(電動やガスブロも同様)


外観のみに注視して、モデルガンと同じ法律適用されるべきなんじゃないか、とか、滑稽もいいとこ(簡単な改造で確実に数発実弾発射可能な物ならともかく、現実に出回ってるエアソフトガンのほとんどは、1から作り直さないと不可能。簡単な改造で出来るなら、テロ連中がとっくにやってる)。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:20Comments(2)AGM M1カービン